晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

小さいおうち

a0265514_2135678.jpg  























山田洋二監督作品『小さいおうち』をみた。

 前宣伝がにぎやかで、どんなあらすじか大体わかっていたが、主人公の若い女中さんが奥様の秘密を知るきっかけが、思いがけない女ならではの直感で私もどきっとした。これはお楽しみに。


久石譲の音楽がまた、控えめながら映像に合っていて素敵だった。



舞台回し役の青年・妻夫木聡が年老いた主人公・倍償千恵子に、「あの時代はもっと苦しかったんでしょ」「もっと暗かったんでしょ」と何度も尋ねるが、倍賞千恵子は「いいえ、そんなことはなかったわ」とか「考えてもみなかったわ」と首を振るばかり。

確かに今の感覚で言えばそうなのだが、どんな時代にあっても人びとはそれなりに家族の喜びや楽しみ哀しみを今の私たちのように感じながら、日々暮らしていたのだと思う。


そして、ひとくちに昭和と言っても、戦前戦中戦後ではいろんな点で随分違うものだと思った。



奥様役の松たか子のなんと上品で美しいこと。

それに引きかえ、恋人役の吉岡秀隆は、この奥様が夢中になる相手とはとても思えなかったが、徴兵検査で丙種合格なので、ヘナヘナでもまあ仕方ないか・・。

女中役の黒木華(はる)と、年をとってからの倍賞千恵子ははまり役だった。

華さんは外国で主演女優賞をもらっておめでとう!



もし、まだ見ていない方がいらしたら、お薦めです。

 **********原作を読んでみました********

映画と同じように、回想しながら展開していく物語だ。

物語は女中タキの口から語られるが、最終章は若者が秘密を解いてゆく。

秘密を解くと言っても、解決しておしまいではなく、それでもわからないこと、あるいはこうでもあったかと、さらに物語は深みを増してゆく。本のほうもよかった。

小さいながらモダンな家で、ささやかな暮らしを愛していた人々が、時代に押しつぶされていく様子を、山田監督はていねいに描いて、やっぱり映画もよかった。

赤い屋根の家が無かったら山田監督は映像化しなかったのではと思うくらい「おうち」の存在感があった。「おうち」が「実は私から話そう」とでもしゃべりそうな・・。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-03-05 21:48 | Comments(12)
Commented by けいこ at 2014-03-06 17:23 x
「小さいお家」お勧めですか?
本や読みましたがまだ観てないんです。
他にも見たいのがあるし・・・迷ってます。

観た人たちが口を揃えて「なんで吉岡君なのかしら↘」と言います。
Commented by ざくぁざ at 2014-03-06 20:34 x
絵を見てすぐにわかりましたよ♪
「小さいお家」は見る予定には入っていませんでしたが
ひろみママさんからお墨付きをもらった映画なら
とっても気になります。

「華」は「はな」と読むのだとばかりに思っていました。
彼女、「リーガルハイ2」に出ていた時は
たいして…と思っていましたが、よかった♪
Commented by ひろみママ at 2014-03-07 09:47 x
★ けいこさんへ
そうですか、やっぱりね。
もう少しイケメンで陰の感じられる役者さんの方がよかったかと思いました。
いい映画だったので、原作の方はどんななのか読んでみようと思います。
Commented by ひろみママ at 2014-03-07 09:56 x
★ ざくぁざさんへ
華さんは、NHKの朝ドラで知りましたが、あまり美人でないところが生活感が出て
これからも重宝がられるのではないでしょうか。
小さいおうちの小市民の小さなドラマを、今の私たちが秘密の引き出しをあけるように見る、そんな映画です。
Commented by つぼみ at 2014-03-08 20:28 x
読書メーターの記録にはこんなふうに感想を書いたのですが

戦前の山の手の一家庭の暮らしが、品のある文章で綴られていく。今と思い出を交互に行き来する構成も面白く、戦争になるまでの様子も市民の視線で描かれていて実感しやすい。女中さんであったタキさんの中のさまざまな思いや時子奥様の美しさの描写は秀逸。最終章の存在が小説に奥行きを出している気がする。

3年半前に読んだのですが
よく思い出せていません。
でも、ひろみママさんのおススメなら、観てみたいな。
Commented by ひろみママ at 2014-03-09 11:37 x
★ つぼみさんへ
まだ原作を読んでいないので分かりませんが、つぼみさんの感想を読むと、原作にかなり忠実かもしれません。
読んでから観るか観てから読むか、楽しく迷うのですが、本と映像は別ものと割り切るのは難しいですね。
山田作品をさらに越えた小説ならうれしいです。

映画で久石譲の音楽を聴いたり、家のセットを眺めるのも楽しいですよ。
Commented by ラピ at 2014-03-10 16:36 x
初めまして、ラピと申します。
お名前は房州やさんのところで拝見しておりました。
で、ワタシも房州やさんのブログの文章が見えなくなっている状態です。
でも、今日、文章が読めたんです。
いえ、治ったわけじゃないのですが。

手数ですがクリックしたまま下へスクロールしてゆくと文字が出てくるんです(とても、不思議ですが)。
コメントのお返事も読みたいと思うので、お知らせしました。
Commented by ひろみママ at 2014-03-12 12:02 x
★ ラビさんへ
こんにちは。
私もラビさんのお名前、房州やさんのところで拝見しておりました。
教えていただいた通り、やってみましたら、確かに読めました!
ありがとうございますっ!
早速房州やさんに連絡します。

しかし、普通の映り方ではないんですよね・・・。
どうしてかなあ・・・。
Commented by 房州や at 2014-03-12 23:08 x
七海さんからの伝言です

ひろみママさんへ
真っ青な画面ですが、
キーボード<F5>を押したら直せました。

とりあえず
今度、何かの時に試してみてください

Commented by ひろみママ at 2014-03-13 10:11 x
★ 房州やさんへ
ありがとうございます。
早速やってみたら画面が回復しましたので
七海さんにもお礼に伺ったところです。
Commented by lapie-fr at 2014-03-13 20:01
ありがとうございました。
通常通り、房州やさんのブログ、見られました。
感謝っです。
でも、いいなあ~。ワタシの方には、
何の連絡もナシです。
Commented by ひろみママ at 2014-03-15 10:22 x
★ ラピエさんへ
なぜこうなったのか、なぜこれで直ったのかわかりませんが
とにかく回復してよかったですね。
リケイに弱いと弱ります。

連絡なかったですか?
あ~それはひいきです(笑)。
でも、こうやって巡り巡っていくところが
ネットのいいところですね。
これからもよろしくお願いします。