晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

福祉教育に参加して

最近、小中学校では、障害者や高齢者を意識した福祉教育が行われている。

車いすや目隠し、松葉づえなどを利用して体験したり、障害のある方を招いて子どもたちがお話を伺う機会も持たれている。

私が入れていただいている傾聴ボランティア団体では高齢者の施設や個人宅にお邪魔してお話し相手になっているが、「お話を聴く」ということは高齢者のみでなく子どもたちにも大事なことだという認識が広がって、社会福祉協議会を通じて小学校から依頼があった。

数年前から私たちの団体の「福祉教育部会」が担当してきた事業で、今年は5年生対象で、私もお手伝いで参加した。


「読む」「話す」はまあまあ学んできたと思うが「聴く」事そのものを学ぶ、というのは私がこれまで受けた教育には無かった。



どんな授業かというと・・・


めあては、話している人が「話してよかった」「もっと話したいな」と思うような聴き方を練習ことだ。

まず、よい聴き方、悪い聴き方を私たちがロールプレイで見せて、どちらがどんなところがよかったか子どもたちに言ってもらう。

子どもたちはすぐ分かるのでよい聴き方は「話している人の顔をちゃんと見ている(アイコンタクト)」「笑顔だった」「うなずいてあいづちを打っていた」などといろいろ感想が出た。←これが3つのポイント(パスポート)

それから子どもたちにもロールプレイをさせて、話しているのに知らんぷりされた時と、耳を傾けて聴いて貰った時と、両方の体験をして感じてもらった。

最後は「聞く」と「聴く」」の違いを知らせ、上手にお話を聴ければ、話した相手との関係がよくなって仲良くなれる、これを傾聴と言うんだよというようなことで締めくくられた。



この授業の1週間後位に、地域のお年寄りに協力してもらい、実際に「お年寄りからお話を聴く」機会を作る予定がある。

3つのパスポートを使って上手にお話を聴けるか早速の実践だ。

もちろん、すぐに上手に聴けなくても、心の奥に残っていてくれればよい。

※ この間テレビを見ていたら、大手コンビニの社長がお忍びで成績の上がらない店を訪問し、「お客様が入   ってきたとき、従業員は『いらっしゃいませ!』と大きな声で挨拶しながら、誰もお客さまの方を向いていなかった」と注意する場面があった。
   コンビニでさえ、アイコンタクトを大事にするのだ、と妙なところで感心した。
a0265514_16302363.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-30 16:33 | Comments(6)
Commented by 本屋のオバさん at 2014-11-01 21:13 x
コメント欄が変わったのかしら?
ひろみママさんのボランティア「傾聴」すばらしいですね。子供たちは、
「聞く」と「聴く」の意味をまなぶ機会か得られるなんて最高です。
相手の身になって動くこと、聴く事って難しいです。いつも義母の施設に行って彼らとお話させて頂きながら学んでいます。
認知症の人が怒りをぶつけて来た時、「こんにちは」と挨拶したら普通に「こんにちは」と返ってきました。こちらが構えないで接するようにと学びました。

聞き上手という言葉がありますが包容力が要求されますね。ひろみママさんの社会貢献に励まされます。頑張って下さいね。
Commented by ひろみママ at 2014-11-02 09:41 x
★ 本屋のオバさんへ
おはようございます。コメント欄が変わっていて、私もびっくりです。
でも、少し書き入れやすくなりましたね。

傾聴は人間関係の構築に役立つと思いました。
認知症だからと言って無視されず、普通に挨拶されれば(扱われれば)それを感じ取れる
のですね。
私はまだ新米で薄っぺらい経験しかなく、ほんとはこの授業のことを書くのもちょっと
おこがましかったのですが・・・。
昨夜、娘と話していて、「やっと私の話を『傾聴してくれるようになったわね。
今までもそういうふうに聴いてくれればよかったのに」と言われてしまいました。
Commented by ざくぁざ at 2014-11-02 22:53 x
子ども達、いい勉強をさせてもらいましたね。
1週間後には 実習が待っているんですか。
それ以後もいろんな場面で傾聴の習慣ができるといいな。
お話おw聞いてくれた子の数だけそういう習慣が広がり、たのもしいです。

私たちの地域では「傾聴」がないので、ひろみママさんの地域は
私たちの地域よりは進んでいるみたい。
Commented by piropiromi65 at 2014-11-04 08:40
★ ざくぁざさんへ
おはようございます。
ていねいにひとのお話を聴く練習は大切だと思いました。
子どもたちも「うなずいて笑顔で聴いてもらえると気持ちがいい」とか
「もっと話したくなった」と感想を言っていました。
でも、ある先生からは「形だけ学んでも仕方がない。人間関係がよくなければ」と
いう厳しい意見もありました。それも一理ありますが、卵かニワトリか、になりそうです。
どちらも先、と思います。
これから先もこの実践、考えながら進むことになるでしょう。
Commented by けいこ at 2014-11-06 10:11 x
素晴らしいボランティアに参加されてますね。
子供たちはいい教育を受けられて幸せ。
傾聴って大事ですね。つい話してしまう自分がいます。

話が違いますがちょっと感動した事。
昨日は始発のバス乗り場に35人の中学生が並んでいました。
普通の列に入らず離れたところに整然と並んでるの。
列がはみ出すとひとりの女生徒が静かに注意をします。
引率の先生が最後に「35人乗せていいですか」と了解を取り、10数分のバスの中では今度は男生徒が細かく目配りしてとても静かでした。
吹奏楽部らしい子供たちの荷物も邪魔にならないように気遣ってたわ。

私を含め他の乗客も感心していました。

Commented by ひろみママ at 2014-11-08 09:02 x
★ けいこさんへ
こういう躾を受けた生徒さんたちは、一人になったときもきっと
周囲に気遣いができるのでしょう。ほんとに先生や親など大人の育て方次第ですね。
気持ちのよいお話をありがとうございます。先日電車内で、おばあさんを座らせてにこにこ
しながら談笑している少年を見て清々しかったのを思い出しました。

人のお話を聴けることもそうですよね。
テレビの討論番組など自分の主張を言い合うだけで、相手の話など全然聴こうともしない
人たちがいますよね。わが身を振り返って反面教師になるなと思いました。