晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

男は目に糸をひけ、女は・・・

「男は目に糸をひけ、女は目に鈴をはれ」ということわざがあるそうだ。

男は糸を引いたように真っすぐなきりっとした目、女は逆に愛嬌のある大きい方がよい、というような意味らしい。

ブログ友達のざくぁざさんから「塩顔男子」という言葉を教えてもらった。それは一重まぶたのいい男のことらしく、すぐ思いついたのは、スケートの羽生選手や俳優の中井貴一だった。近頃は一重の「しょうゆ顔」の男子が株をあげているようだ。

俳優の高倉健さんが亡くなった。追悼番組などテレビで観ていたら、健さんも一重まぶただった。上記のことわざ通りの真っすぐなきりっとした切れながの目。いいなあ・・・。


前回の絵はがきの少女のように、女性はぱっちりした二重の方が人気があるけれど、一重で素敵な目の人もいる。

まぶたは生まれつきだが、わたしなど一重で生まれたのに、20代のころ、自然に二重になってしまった。

3人の子どもは2人が二重で、1人が一重だ。(夫は二重だった)

これって遺伝なんでしょうね。


あらら、びっくり。週刊誌の健さんの写真を見たら二重になっているじゃありませんか。歳をとると変化があるのですね=追記


下の写真はPC内蔵してあるのを引っ張ってきたものです。

ハローウィーンが終わって11月に入ったらとたんにクリスマスモードのお店が増えて、じっくり晩秋を味わいたい私にはちょっと迷惑です。晩秋、大好きです。

a0265514_2292659.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2014-11-24 22:39 | Comments(9)
Commented by ざくぁざ at 2014-11-25 07:51 x
そのコトワザを知りませんでした。
コトワザなら きょうきのうのことではないでしょうが、
男性にはキリリ、女性にはクルルン、と 
求めるものは同じ路線なのでしょうかねえ。

私も途中から二重になりました。
私の場合は、太ってマブタがたるんだからですが。

写真はすごく雰囲気があってステキな秋の写真ですね。
広い野原、輝く黄色い葉っぱ、なだらかな山並みがいい感じ。

晩秋は特にイベントが無くて つなぎ的な感じでしょうか?
ハロウィンは楽しそうだけど、収穫より、仮装が喜ばれていますね。

Commented by ひろみママ at 2014-11-25 14:12 x
★ ざくぁざさんへ
あら、太ってまぶたが二重になったんですか、ははは。
私は、出産でやつれて二重になったんですよ、ほほほ。
今はますますまぶたが薄くなってもう少しふっくらしたいわぁ。
モンゴル系のお相撲さんたちの目に親近感を持ってしまいます。

実りの秋、やっとその良さが解ってきました。子どもたちが育ちあがったとき
その果実を手に入れられるのは親なのだということも。
特に最初の木枯らしで落葉が散り敷き、雑木林が急に明るくなったときが
何とも言えない情景です。イベントは要らないんですけど。
Commented by wakame at 2014-11-27 11:01 x
一重でも美しい方、いらっしゃいますよね。
二重の私ですが、羨ましい方もいます(*^^*)
確かに「くるくるの目」は可愛いですね。

写真の日差し綺麗ですね~
ナイスショットですね♪
Commented by ひろみママ at 2014-11-28 08:42 x
★ wakameさんへ
一重でも二重でも美しい方は美しいのですが、一重から二重にする手術はあっても
その逆はまれだと思うので、やはり目は大きく見える方がいいと思われているのでしょう。
前回の中原淳一さんの美少女も、一重まぶたにしてにしてみると若干印象が違いますね。

この写真はどこのなのかわかりませんが、ほんとにきれい。
もう紅葉も終わりに近づいています。どこか見に行かなきゃ。
Commented by つぼみ at 2014-12-01 21:58 x
切れ長の感じ、いいですね~。
とはいえ、夫は大きな二重の目。息子もです。
義父は切れ長で、娘は義父系かな~。
・・・ということは   逆??

晩秋、いいですよね。田舎で、堪能しています。
Commented by けいこ at 2014-12-02 21:52 x
晩秋の風景がいいですね。
日差しが優しく眩しいです。

私もそのことわざは知りませんでした。
夫は一重で私は中原さんの絵のようではなく二重のどんぐり眼。
娘が一重なのでちょっとショック!「チッコ目」です。
婿殿たちも「チッコ目」
Commented by ひろみママ at 2014-12-03 21:18 x
★ つぼみさんへ
健さんの切れ長の目、素敵ですね。夫が健さんのファンで、恐れ多くも
その名前の漢字を息子の一人ににちょうだいしました。
でも目まではいただけず、ぱっちりした二重まぶたです。
つぼみさんのお嬢さんは一重ですか。アーモンドのような神秘的な目、と
西洋では言われているようですね。それも素敵!

すっかり葉を落として季節は冬自宅をせかしているようです。風邪などひかぬよう
気をつけて学期末を乗り切ってくださいね。
Commented by ひろみママ at 2014-12-03 21:48 x
★ けいこさんへ
ネットで調べてみたら、北東アジア人を除いて、東南アジア、ヨーロッパ、
アフリカ、中東などほとんどが二重なのだそうです。世界的にみると一重の方が断然少数派。
メンデルの法則みたいに優性(二重)と劣性(一重)があるようです。
だから、お嬢さんたちは神秘的な目ということに。
私は二重ですがびっくりしたようなどんぐりまなこで、中原淳一さんの絵のような目とは月とすっぽんです。
たかがまぶたなのにことわざまであるなんて、人は昔から余計なことに気を遣ってきたんですね。

うちの近所の農家では名物「芋」ののぼり旗がはためいています。秋の風物詩です。
晩秋ともお別れですね。



Commented by 子豚のママ at 2014-12-29 18:55 x
ひろみママさん。
ご無沙汰しています。
いつも素敵な内容のブログ楽しみにしています。
励まされたり学ばせて頂いたりです。ありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
ご家族でどうぞ良いお年をお迎え下さい。