晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

神田古本まつりとビブリオバトル

この大きな旗印。

日曜日、よく晴れて祭りにはもってこいだった。

でもこの日は本を探すのが目的ではなく、ビブリオバトルを見学するために来た。


a0265514_1813506.jpg



ビブリオバトルについては以前から聞いていたので、一度実際に見てみたいと思っていた。

ネットで調べたら『SF文学振興会』主催のバトルをやっていることが分かったので、申し込んだのだ。

ビブリオバトルというのは本を中心としたコミュニケーションゲームで、複数のバトラー(戦う人)が自分の好きな本を紹介し、会場に来ている人はそれを聴いてどの本を読みたくなったか投票、あるいは挙手して勝利本(チャンプ本)を決めるゲームだ。「知的書評合戦」とも言われている。

a0265514_1827341.jpg


始まる前に、司会者から説明があった。

①バトラー全員のプレゼンテーションを聴いた人だけが投票できる。遅刻したらだめ。

②バトラーが美しいとか感じがよいからと投票してはダメ。あくまで読みたくなった本に投票す
ること。

③既読の本だったら、プレゼンを聴いてまた読みなおしたくなったかどうかで判断する、など。



この日は「中高生に勧めたい本」が基本設定で、日本各地のSF読書会などに所属している5人のバトラーが代表として送られてきていた。

本は小説でもマンガでもなんでもかまわない。新刊でも古くてもよい。

持ち時間はひとり5分。

プレゼンが終わると、会場から質問を受ける。

そうして全員済んだところで聴衆は自分が読みたい一冊を選ぶのだ。

残念ながら私が挙手した本は勝てなくて、「ガンダム系」の本がチャンプ本になった。



この後 第2部ははSF作家と編集者らしき人物との対談があった。

私はSFはほとんど読んだことが無いのでちんぷんかんぷんだったが、会場にはマニアというかコアなファンが結構いて、作者が微に入り細に入り説明すると、質問したり爆笑したり激しくうなずいたりして楽しんでいた。

また、「日本SF大会」というのが毎年行われ、ファンが泊まりがけで集い「講演」「ディスカッション」「コンサート」「同人誌、ポスター即売会」etc.と盛り上がる予定なのだそうだ。へ~ぇ。


このビブリオバトルは読書活動の一環として文科省も力を入れていて、小中高校にも取り入れられている。
大学生は予選を勝ち抜いた学生による「首都決戦」があるそうだ。私もチケットを申し込んであるが当たるかどうか・・。
[PR]
by piropiromi65 | 2015-10-26 22:33 | Comments(10)
Commented by ざくぁざ at 2015-10-27 19:45 x
え?ビブリオバトルって何?でした。
そんなのがあるんですか!
ふむふむ。説明をありがとうございました。
ようやくわかりました。
国語の授業で取り入れても有意義なバトルですね。
本のディベイトですね。
読まない私でも、投票には参加できますが
その後は その本を読むのが正解ですね。
Commented by piropiromi65 at 2015-10-28 08:49
★ ざくぁざさんへ
5冊の中から挙手したけれど、それほど読みたいとは
思わなかったです。でもゲームだから軽いノリでいいの。
今年読んだ本が片手にあまる不読書家の私を
「これなら読みたい」と思わせるバトラー
出てこい。
と粋がっても「あほか」とバカにされるだけですね。(ひろみママ)
Commented by 房州や at 2015-10-28 14:29 x
面白い時間の過ごし方をしましたね

古書市には行きたかったですが
家を離れられぬ事情もあり残念です

行った時は、歩き(時間も距離も)は気にならないので
西側の古書店街と東側のスポーツ用品街をぶらぶら歩いて
帰りに御茶ノ水駅近くをうろうろしてました

当たると良いですね
Commented by piropiromi65 at 2015-10-28 21:33
★ 房州やさんへ
当たったら、またここに報告します。

ところで、別のイベントでは、書票づくりを
やっていました。
以前、兄から3枚ほど武井武雄と山高茂の書票を
貰って大事にとってあります。
昔は大切な本には蔵書票をつける人が多かったと聞きますが
いまも愛好家はいるのでしょうか。
房州やさんはご自分で書票を作られますか。(ひろみママ)


Commented by 房州や at 2015-10-29 23:01 x
蔵書票を貼ってもおかしくないような
革表紙の立派な本は持ってませんので
貼ろうとも作ろうとも思ったことはありません

雰囲気の良い蔵書票を集めた本を
図書館で見たことはありますが
Commented by 本屋のオバさん at 2015-10-30 21:49 x
ビブリオバトルに出席されたのですか?私が所属する読書会も同じようなものです。
ただ、ビブリオバトルには、5分間という時間の制約がありますね。
先日、全国大会が奈良の生駒で行われたそうです。奈良の書店の方が教えてくれました。彼もバトラーとして毎回挑戦しています。

私も行きたくなりました。ひろみママさん、是非ご一緒しましょう!
でもバトラーには、なれません。。。。それほど読んでいませんから
Commented by piropiromi65 at 2015-10-30 22:49
★ 房州やさんへ
イベントでやっていたのは、消しゴムはんこ
などで作る簡単なもののようでした。
愛読書があれば気軽に作って貼って楽しみ
ましょうという感じです。
私が習っている染色の先生は、布を型染めして
書票を作っていました。
それも手軽で素敵だなと思いました。(ひろみママ)
Commented by piropiromi65 at 2015-10-30 23:09
★ 本屋のオバさんへ
知らなかったのですが、ビブリオバトルって
いろんなところがいろんなところでやっているんですね。
前述しましたように、自慢になりませんが私め
ほんとに不読書家なので、初めて出席してSFさんたちの熱気に
びっくりしてしまいました。
またどこかのを(大学のは申し込んでみましたが)見学してみたいので
都合が合えばご一緒ということも。
Commented by けいこ at 2015-10-31 10:47 x
ブビリオバトル?なになに・・・初耳です。
「蔵書票」と言うのも初耳です。
もの知らずなけいこです。

SFには興味はないですがいろいろな分野があるのよね。
私の本の読み方は偏ってます。
なかなか新しいものに手を出せません。

Commented by piropiromi65 at 2015-11-01 11:07
★ けいこさんへ
「もの知らず」と「不読書家」。
笑っちゃう取り合わせですね。

SFといっても、血沸き肉躍るようなものから
「あした地球が滅びるのだ。K子は別れたきりの妹に
万難を排して会いに行くことを決意した」
のような心理小説に近いものもあるようで、
私が挙手したのは後者のタイプでした。
ひとくちにSFといっても境界線は複雑で
そういうことが分かってそれはよかったです。

蔵書票は切手と同じく小さな芸術品だと思います。
古書店では安いものは五百円くらいから売っていました。
コレクターもいるようです。