晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

おかげさまで

雑事にかまけてしばらくPCに触らないでいるうちに、2月が終わりそうになってあわてた(ることもないか)。

娘が関西へ訪ねて行き、彼氏のご両親に挨拶して承諾していただいた。

これは肩の荷が下りた。



それにしても昭和四十年代、私が結婚した頃とはあまりにも結婚事情が変わった昨今だ。


「適齢期」という言葉が死語になって久しい。

「お仲人」さんがいなくなった。

「ういういしい」という言葉がちょっと似つかわしくない年齢の花嫁も多くなった。

「できちゃった婚」も「子連れ再婚」もごく普通に受け取られるようになった。

同性婚がまだわずかではあるが、認められるようになってきた。

結婚しない(機会がない)ひとたちが増えたので、自治体などが「婚活」の場をもうけるようになった。etc.



これらは個々の問題であると同時に社会状況とも深く関係している。

良い面もあるし複雑に思う面もある。


何でもありの世の中にあって、娘の場合も結婚しない間に、いろいろ考えてみた。

友人の娘さんが20才も年上の男性と結婚した、と言う話を聞けばそういうこともありうるかと思う。その男性はもうすぐ定年だ。

私の姪のうち3人が結婚し、2人離婚して2人とも再婚(うち1人は子連れ)した。そうか、結婚しても安心できないのだな。

ひょっとして相手は日本人ではないかもしれない、ということも頭に入れておく。日本人と思っても在日の人や中国人、ということもあるし国際結婚はよくあることだ。

それやこれや考えて、どんな相手がきても驚かないよう 心の準備もした。



娘の場合、相手よりかなり年上であるけれど、相手のご両親が満足というお手紙をくださったので安心した。

相手が決まったというだけで、まだ先のことは何も決まっていないが何となく心が落ち着いて、もうすぐ3月だし良い春になれば・・・。
[PR]
by piropiromi65 | 2016-02-21 12:24 | Comments(8)
Commented by 本屋のオバさん at 2016-02-24 21:37 x
おめでとうございます。そして、少しホッとされましたでしょうか?
確かに昨今の結婚事情は、だいぶ変わりましたね。
息子の件でひろみママさんに学んだことは、子どもを信じて待つことでしたか?

親が焦ってもどうにもならないですね。長い人生、お互いが尊敬できる関係があればと思いますが。
子どもが結婚しても親は、心配が尽きないと友人知人の皆さんが言っています。

色々とお忙しくなるかもしれませんが嬉しいことですからね。お父様もきっと喜んでいらっしゃることでしょう!
Commented by ざくぁざ at 2016-02-25 18:49 x
おめでとうございます♪娘さんのうれしい春ですね。
娘さんがご挨拶に向かわれて、承諾を得るというステップ。
しっかりされてますね。
うちは息子なのにそういうステップがありませんでした。
(両家に 2人で事後承諾のご対面のみ)
まあ、どんなふうでもいいですが、幸せにいってほしいですね。
Commented by piropiromi65 at 2016-02-26 20:02
★ 本屋のオバさんへ
ありがとうございます。ほっとしました。
私はいわゆる結婚圧をかけたことはありませんが、それでも結婚の道を
選んだことはよかったと思っています。
もう独身のままで行く、と本人は言っていましたが人生はいつ変わるか分からないものです。

御子息もご自分の道を歩んでいくうちにいつしか、ということがあるでしょうね。




Commented by piropiromi65 at 2016-02-26 20:10
★ ざくぁざさんへ
ありがとうございます。
「事後承諾」、それはそれでまぁ・・いいんじゃないでしょうか。
昔は親の気に入らないとか、家が釣り合わないとか面倒くさいことも
有ったでしょうが、今はかえってあっさりしたものですよね。
娘たちも式や披露宴はしない、と言っていますが、うちはよくても
相手方はどうなのかなあ・・・。
Commented by つぼみ at 2016-02-27 15:27 x
おめでとうございます!
そうか~、いろいろな形があるんだなあと、あらためて思いました。
幸せにいろいろな形があるというのは、すてきなことだと思えてきました。
我が家も年齢的にはそろそろ・・なのですが、一向にそういう動きはなさそうです。流れを楽しませてもらうことにします。
Commented by piropiromi65 at 2016-02-29 10:10
★ つぼみさんへ
ありがとうございます。
年齢を重ねて自分の生き方のスタイルが出来過ぎてしまうと
相手との折り合いをつけるのが難しい場合があります。
娘の場合は相手が若いので、同世代なら許せないことでも
弟に対するような気持が湧いて寛容になれるようです。
父親っ子で「お父さんのような人」と言っていたのに大違い。
幸せの形は自分で作るもの、と言うのはほんとですね。
Commented by けいこ at 2016-02-29 21:54 x
お嬢様、おめでとうございます。
そうかな~と思ってました。

今日も友人と「私の一番じゃなくても本人が選んだ人が一番。夫婦が仲良くしているのが一番!」
なんてお喋りしました。

私が結婚した頃の社会とは大違いの世の中ですが。、日本、死ね!」というブログ?をご存知ですか。
たぶん、わざと言葉悪く書かれていますが内容は理解できます。
日本の社会は変わってないんだな~、って。

ひとり暮らしの先輩より
Commented by piropiromi65 at 2016-03-01 14:57
★ けいこさんへ
ありがとうございます。幸せになってほしいです。

あのブログ読みました。あの通りじゃありませんか。
世の中を変えていくのには、国民がもっと自分たちの気持ちを
汲んでくれる人や政党を選ぶしかないと思います。
それがなかなか難しいんですけど。

ひとり暮らしの後輩より