晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

孫娘中学生に

入学式があるというので、二泊で慌ただしく沖縄へ行ってきた。

もっとゆっくりしたかったが、次の日仕事、その次の日法事 と予定が立て込んでいたためとんぼがえりのようになった。でも、近所を散歩するくらいのことはできた。

※ 今回は写真も絵もないので、リンク先のきれいな写真を見てください。



さて、ぶらぶら首里城へ行くつもりが、ひょいと案内看板が目に入り、『一中健児の塔』、『首里金城町石畳』の矢印にひかれて横道へ曲がった。

ひめゆり部隊は有名だが、一中(現首里高等学校)男子生徒も戦争に駆り出され、大勢「戦死」している。

健児慰霊碑に手を合わせ、記念館にはいると二階の一室に、遺品や遺書、亡くなった教員、生徒の顔写真がずらりと並んでいた。まだ16,7歳のあどけない顔ばかりだった。

記念館のスタッフのお嬢さんが埼玉に住んでいたことがあるというので、少し談笑。


次に『石畳』を散策した。NHK朝ドラ「ちゅらさん」のロケに使われた道だ.

塀の「石敢當」の文字は中国由来のおまじないで、魔物が入ってこられないようにするためだとか。

石畳の途中に休憩できる民家があり、そこでひと休みしていると中年男性と目礼し合い、ちょっと話が盛り上がった。

おばさん(おばあさん)というのはどうも他人と気安く話ができるので自分でも気恥ずかしい・・。

その男性は福岡県から移住してきた人で、写真を撮る仕事で沖縄はじめあちこち飛び回っているという。

埼玉にも「稲荷山古墳群」の写真を撮りに行ったとかで、そこでまたプチ盛り上がり。

そうこうしているうちに入学式の時刻が迫ってきたのでお別れした。


孫娘の中学の入学式はまあ普通の入学式で、内地とほぼ変わらなかった。

少し違っているのはその背景だ。

沖縄ではきょうだいが3人4人いるのは当たり前なので、小学校と重ならないよう午後2時からの式だった。

時刻になるとお父さんたちも続々来場してくる。

「内地では平日の午後にお父さんはなかなか出席できない」と嫁に言ったら、「こちらではお父さんが休みを取るのは当然なんです」と答えた。

祖父母も出席するのは当たり前として、親戚でもない人が出席することもあるという。

講や無尽などで仲のよい人の子どもが入学すると、「行くさー」と言って一緒に出席するのだという。

だから体育館は保護者席が多くて、場所のない在校生は二階のギャラリー席にも座っていた。

そういうのは内地でも離島や山間地などではあると思うが、那覇はいちおう都会だ。

だから娘は「そういうのって結構いいことでしょ」と笑った。


孫娘は三線と琴、琉球舞踊を習っており、私も芸事は好きなので今回は琉舞のお稽古を見せてもらった。日本舞踊とはまた違うが、腰の入れ方など孫はうまいので褒めて褒めていい気持ちにさせてきた。


そして、今月末の大型連休には、また孫娘は埼玉にやってくる。

中学生活の土産話を聞かせてもらわなくちゃ。
[PR]
by piropiromi65 | 2016-04-11 19:38 | Comments(3)
Commented by けいこ at 2016-04-14 20:52 x
お孫ちゃんのご入学おめでとうございます。
沖縄に行かれたのね。
私より遠くに飛ばれましたね。
孫がいないから節目がありません。
お孫ちゃんは古風なお稽古をされてらっしゃるのね。
カッコいいわぁ。
連休が楽しみですね。

『石畳』がいいですね。
「ちゅらさん」は随分前に楽しみました。
向井理さんの奥様になられたのよね。



Commented by piropiromi65 at 2016-04-15 21:41
★ けいこさんへ
ありがとうございます。このブログを始めたときは
生まれたばかりだった子が、中学生になりました。

「沖縄にはしょっちゅう行くのでしょう」とよく人に言われますが
4年振りです。
石畳は由緒ある道ですが、とても急なので足腰がしっかりしているうちに
行けてよかったです。
そうか、ちゅらさんは「ゲゲゲ」の人と結婚したのですね。

琉舞はいいのですが、日本舞踊と同じ、お金がかかるようです。
一人っ子だからさせられるのだと嫁はため息をついていました。
Commented by ざくぁざ at 2016-05-04 15:41 x
おお!お孫ちゃんの入学式にひとっとびでしたか。
それなりに収穫(お話)されてお帰りでしたね。
私が沖縄にいた時、入学式から夏服なのに驚きました。
さすが、暑い所と思いました。
芸事のお習い事に こちらよりも熱心なのは感心しました。
地域や親戚でこどもを育てる感もいいなあと思いました。