晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

高橋源一郎の人生相談

作品は読んだことがないけれど、新聞の人生相談が興味深い。

相談者への答えには必ずしもなっていなくて、自分の心境を「相談」に寄せて「ボクの場合はこうなんだがなあ」とつぶやいているように見える。あぁ、そうも言えるのか、と読者は勝手に納得できればいいようだ。

で、7月11日はこうだった。


相談   「人とのつながりがなく、認知症が不安」

 父母の仕事を継いで30年。一人でがんばってきましたが、11年前に娘夫婦の姑の問題で気が休まらず店を閉めました。
その姑が認知症で施設に入所したことで少し楽になりました。
 今の家に70年以上住み、近所の人との会話はありますがなじめません。
歴史の講座に出かけますが話を聞くのみ、会話がありません。
 人と人とのつながりが少なく、このまま私も認知症になったらと不安です。
                                      77歳・女性

回答

 諸般の事情があって、若い頃、わたしは、拘置所の独房に8か月ほど滞在していました。もちろんその間は、会話することなんてできません。
 面会にやってくる知人と交わす数分が、会話のすべて、ろくな話もできず、「ああ、外へ出たら、思い切り、誰かとしゃべりたい!」と思ったものでした。
 けれども、実際に、「外」へ出て、みんなとしゃべってみた時の感想は「意外とつまらないものだなあ」だったのでした。
 もちろん、会話の楽しみはよくわかっております。けれども、どんな楽しい会話もやがて終わり、その誰かも、どこかへ去ってゆく。そして、わたしたちはひとり残されるのです。

 わたしが生涯でいちばんたくさん本を読んだのは、独房で過ごした8か月でした。それは、言葉にならないほど豊かで、わたしを潤し、わたしというものを作ってくれた時間でした。 ほんとに、もう一度、独房に入りたいくらいです。そのとき、わたしは、耳を澄まして、本の著者たちと会話を交わしていたのだと思います。現実の会話と比べ、どちらが素晴らしいと思われますか。まあ、比較する必要もないのですけれど。

 わたしが話をしたいと思うのは、孤独でいることのできる人、孤独の楽しみを知っている人です。あるいは、他人の話を聞くことができる人です。充実した人生の時間を生み出すために、おしゃべりというものは本当に必要なのでしょうか。    高橋源一郎


 独房のところでは、笑いながら読んだ。最後の「他人の話を聞くことができる人」は含蓄に富んでいると思う。
 世の中は、人の話を聞くより話すことの方が好きな人が圧倒的に多い。私もそう。
 今月、私たちの「傾聴団体」は講師をお呼びして3日間講座を開いた。
 参加者たちは目からうろこだったようだ。
 話すことにはそれほど努力は要らないが、聴くには相当の努力がいるから。
 最後におかしかったのは講師の方の言葉。
 「ひとの話を聞けないのは、お医者さんと学校の先生です」とはすごい皮肉だった。
         
a0265514_1359294.jpg


 
[PR]
by piropiromi65 | 2016-07-28 14:00 | Comments(6)
Commented by 凪々 at 2016-07-30 16:06 x
私は、ビジネスシーン以外では余りしゃべらず、聞き役になってます。
最近自分から話すことが苦手になってます。
Commented by けいこ at 2016-07-31 18:35 x
高橋源一郎さん、懐かしいお名前です。
以前はテレビでよくお見かけしてました。
拘置所歴がある?って。検索してみました。
外へ出て人と話したら意外と、、、おもしろいわ。
結婚、離婚を繰り返されてたのね。

昨日、今日とスーパーのレジの方としか話してません。
これは話したうちに入らないわね。

私のブログの◎さんではありませんがやはりお話し好きの方が「傾聴ボランティアになる」と講座を受けて〜〜1度だけのボランティア活動で辞められました。
Commented by piropiromi65 at 2016-07-31 23:09
★ 凪々さんへ
凪々さんは聞き上手なんですね。
私はおしゃべりですから、よく聴いてくれる人がいると
ホントに嬉しいです。
そしてしゃべりすぎていないかな、と途中で自己チェックを
入れます。そうしないと自分がこわい。
Commented by piropiromi65 at 2016-07-31 23:28
★ けいこさんへ
高橋源一郎さんは、見た目はあまりさえないおじさんなのに
もてるみたいですね。
テレビでしゃべっているのとか、新聞の「人生相談」など読むと
不思議に魅力があるひとです。

高橋さんも言うとおり、おしゃべり、会話は特に中高年女性の
(最大の)楽しみですよね。脳内物質を刺激すると言いますし。
でも、おしゃべりはひとりではできないので、お相手のことを
考えなくては。

私がいいなあと思うのは、ほんとに親しく思っている人の
そばで、じっと黙っている時間です。

Commented by ざくぁざ at 2016-08-14 22:43 x
私も聞き役が多いような気がします。
この人が、口をとじたら、私はこれを言おう、と思っているうちに
どんどん話題が代わって行ってしまって、結局 話せない時が多いです。
やはり、しゃべって、聞いての両方でないと、消化不良です。

高橋源一郎さんと 主婦の会話とはちょっと違うけれど
相談者は納得されたのかしらね。
きっと毎回の彼の解答を見ての投稿だから、納得されたのかも?
Commented by piropiromi65 at 2016-08-22 10:48
★ ざくぁざさんへ
お返事が遅くなってほんとにごめんなさい。
この暑さのせいと、お許しくださいな。

お話するのが好きな方(ほんとは多分下手な方)は
相手の話の途中で話題を奪ってしまいますよね。
「話を最後まで聞いて」と言いたくなります。
だから、「聴く」ことの上手な人は話すことも
上手なんだと思います。
そういいながら、私は娘によく叱られます。
「お母さん、どこで息継ぎしているの?」