晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 78 )

鎌倉ぷち日記

今月4日は私の誕生日。

自分の誕生日、大好きです。子どもたち、覚えていてくれてありがとう。

長男夫婦は相談して、今回鎌倉への一泊旅行をプレゼントしてくれた。

この前の連休を利用して、長男も気晴らしに同行してくれた。
a0265514_1518595.jpg


鶴岡八幡宮への若宮大路は工事中なので通れなくて、両側の歩道はえらい込みようだった。

なので、見たいものだけ見るようにして参拝は素通り。国宝館を楽しんだ。

鎌倉彫資料館や鎌倉彫のお店をたくさん廻った。鎌倉彫の体験もできるのだけれど、日にちがあわなくて予約できなかった。残念だった。

この日は江ノ電で七里ガ浜の通称「鎌プリ」(鎌倉プリンスホテルに泊まった。


a0265514_15272810.jpg


息子はサーフィンが趣味で、沖縄でもよくやっているのでこのホテルを選んだと言い、窓から海を眺めて「こんなところに住みたーい」「うらやましー」と叫んでいた。

朝も暗いうちからサーファーたちが泳いでいるので、息子にウェットスーツ着ていたって寒いでしょ、と言ったら
「寒いよ」だからよく浜辺でたき火するのさと笑っていた。

七里ガ浜駅まで歩いたが海風がすごい。県立七里ガ浜高校はまさにオーシャンビュー高校。

さて由比ヶ浜の長谷寺では、一度はやってみたかった写仏(しゃぶつ)を体験させていただいた。写経はよくあるけれど仏さまのお姿をなぞるのは初めてなのでとても興奮した。長谷観音様は衣のひだが美しく、またじゃらじゃらと飾りものも多いので結構時間がかかった。

a0265514_15401284.jpg


また鎌倉に戻ってお土産を探すと豊島屋の2階に「鳩巣」(きゅうそう?)というギャラリーがあって、お店の混雑がうそのように静まり返っていたので、ゆっくり休ませてもらった。

鎌倉に住んだ作家、画家など文化人たちの絵や書、世界中から集められた鳩にちなんだ作品が展示されて面白かった。

それなのにいけない私は「鳩サブレ」を買わずに出てきた。

私が買ったのは江ノ電サブレやかまぼこ、腸詰め、鎌倉野菜・・・。ついつい土産が多くなり、荷物持ちの息子がありがたかったです。


※ ※ 写仏したものはほんとはお寺に納めてくるのだけれど、頼んで自宅に持ち帰り、娘や友人に見せびらかしてから、郵送か持参でお寺に納めることにした。
[PR]
by piropiromi65 | 2015-01-17 15:54 | Comments(12)

あけましておめでとうございます

a0265514_1018428.jpg



昨年は押し詰まってから意欲がわかず更新もしないまま終わってしまいました。

年賀状は、ダルマのデザインにしましたが、孫娘だけにこの「招き猫」を1まい刷りました。


昨年は災害や事故が多く、政治・社会も憂うつでした。でもスポーツ界は頑張ってくれて明るかったです。

うちではもうひとり孫が増えてにぎやかになりました。

私個人は大したことはありませんでしたが、健康でした。ありがたいことでした。

染色のお稽古、「傾聴」ボランティア、フィットネスを順調に続けました。

今年は何かもう一つ新しいことを探したいと思っています。


みなさまにもよいことがありますよう願っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-12-24 10:19 | Comments(14)

男は目に糸をひけ、女は・・・

「男は目に糸をひけ、女は目に鈴をはれ」ということわざがあるそうだ。

男は糸を引いたように真っすぐなきりっとした目、女は逆に愛嬌のある大きい方がよい、というような意味らしい。

ブログ友達のざくぁざさんから「塩顔男子」という言葉を教えてもらった。それは一重まぶたのいい男のことらしく、すぐ思いついたのは、スケートの羽生選手や俳優の中井貴一だった。近頃は一重の「しょうゆ顔」の男子が株をあげているようだ。

俳優の高倉健さんが亡くなった。追悼番組などテレビで観ていたら、健さんも一重まぶただった。上記のことわざ通りの真っすぐなきりっとした切れながの目。いいなあ・・・。


前回の絵はがきの少女のように、女性はぱっちりした二重の方が人気があるけれど、一重で素敵な目の人もいる。

まぶたは生まれつきだが、わたしなど一重で生まれたのに、20代のころ、自然に二重になってしまった。

3人の子どもは2人が二重で、1人が一重だ。(夫は二重だった)

これって遺伝なんでしょうね。


あらら、びっくり。週刊誌の健さんの写真を見たら二重になっているじゃありませんか。歳をとると変化があるのですね=追記


下の写真はPC内蔵してあるのを引っ張ってきたものです。

ハローウィーンが終わって11月に入ったらとたんにクリスマスモードのお店が増えて、じっくり晩秋を味わいたい私にはちょっと迷惑です。晩秋、大好きです。

a0265514_2292659.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2014-11-24 22:39 | Comments(9)

偵察

a0265514_20111593.jpg


ご存知、『ジュニアそれいゆ』の中原淳一さんの絵はがき。

こういうところに載せてはいけないのかな?

あんまり素敵だったもので。(どこかからお叱り受けたら消去します)


話変わって・・・。

3番目の兄が一人暮らしになって引っ越した。

現在72歳。5年前に妻を亡くし、娘一家と同居していたが、彼らが転居したのでそれまでの家をたたんでマンションに移った。

家事、野菜作りなど器用な兄だが、男のひとり暮らしとなるとどんなかなあと思い、私のこれからのこともあるので、ちょっと偵察に行った。

一軒家をたたむとなると家具その他処分が大変。
ひとり暮らしでも子ども、孫たちが泊まりに来るのでそれなりの部屋は要る。
まだまだ元気なので、友人たちとゴルフや旅行を楽しみたい。
また、バリアフリーにして今は快適でもこれからもっと先のことを考えるとサ高住(サービス付き高齢者住宅)なども視野に入れなくては・・・などなど。

互いに配偶者を亡くしている身なので、この兄とは久しぶりにいろんな話が出来た。

私が持参したお弁当を食べて、「また偵察に来て」と喜んでくれたが、どうやら、次のパートナーになりそうな人がいるらしかった。

兄なりの人生の最終コーナーを考えているのだろう。

帰宅してから偵察の具合を残り3人の兄たちに報告したら「安心したよ」と次々返事が来た。

お互い、ひとごとではないので・・・。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-11-11 20:12 | Comments(10)

福祉教育に参加して

最近、小中学校では、障害者や高齢者を意識した福祉教育が行われている。

車いすや目隠し、松葉づえなどを利用して体験したり、障害のある方を招いて子どもたちがお話を伺う機会も持たれている。

私が入れていただいている傾聴ボランティア団体では高齢者の施設や個人宅にお邪魔してお話し相手になっているが、「お話を聴く」ということは高齢者のみでなく子どもたちにも大事なことだという認識が広がって、社会福祉協議会を通じて小学校から依頼があった。

数年前から私たちの団体の「福祉教育部会」が担当してきた事業で、今年は5年生対象で、私もお手伝いで参加した。


「読む」「話す」はまあまあ学んできたと思うが「聴く」事そのものを学ぶ、というのは私がこれまで受けた教育には無かった。



どんな授業かというと・・・


めあては、話している人が「話してよかった」「もっと話したいな」と思うような聴き方を練習ことだ。

まず、よい聴き方、悪い聴き方を私たちがロールプレイで見せて、どちらがどんなところがよかったか子どもたちに言ってもらう。

子どもたちはすぐ分かるのでよい聴き方は「話している人の顔をちゃんと見ている(アイコンタクト)」「笑顔だった」「うなずいてあいづちを打っていた」などといろいろ感想が出た。←これが3つのポイント(パスポート)

それから子どもたちにもロールプレイをさせて、話しているのに知らんぷりされた時と、耳を傾けて聴いて貰った時と、両方の体験をして感じてもらった。

最後は「聞く」と「聴く」」の違いを知らせ、上手にお話を聴ければ、話した相手との関係がよくなって仲良くなれる、これを傾聴と言うんだよというようなことで締めくくられた。



この授業の1週間後位に、地域のお年寄りに協力してもらい、実際に「お年寄りからお話を聴く」機会を作る予定がある。

3つのパスポートを使って上手にお話を聴けるか早速の実践だ。

もちろん、すぐに上手に聴けなくても、心の奥に残っていてくれればよい。

※ この間テレビを見ていたら、大手コンビニの社長がお忍びで成績の上がらない店を訪問し、「お客様が入   ってきたとき、従業員は『いらっしゃいませ!』と大きな声で挨拶しながら、誰もお客さまの方を向いていなかった」と注意する場面があった。
   コンビニでさえ、アイコンタクトを大事にするのだ、と妙なところで感心した。
a0265514_16302363.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-30 16:33 | Comments(6)

またばばバカで・・・すみません。

a0265514_10413364.jpg


よそんちの孫なんて、その子がすべった転んだって、何の興味もないですよね。

ですからスルーして下さい。


もし、見ていただけるなら、「南の島では子どもたちはこんな体験をするのか~。へぇー」と

思ってください。


ゴーヤーの受粉作業・・・・面白そう。

葉っぱで編むかご・・・バナナの葉っぱかな。

サーターアンダギー・・・こちらでもすっかりおなじみ。

「ひろゴーヤー」の顔の絵には、ほうれい線がばっちり2本も描かれていて、
自分が孫にとってはやっぱりばばであることを痛感させられます。

※ 来週から1週間の予定でまた孫がこちらへ遊びに来ます。台風がふたつ来るような感じです。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-11 10:56 | Comments(13)

またノーベル賞

今年のノーベル物理学賞に3人の日本人の方が受賞したニュースは、うれしかった。

ほんとに誇らしい。そしてお三方、おめでとうございます!

今までもアジア人としては抜群に受賞していたのだが、特に何が嬉しいかと言って、理由が分かりやすかったことだ。

これまでは物理学の素粒子とか何とかと言われても全くちんぷんかんぷんで、理解できなかった。

それが青色発光ダイオード(LED)の発明ということで、新聞やテレビの解説を見聴きしていてもよく理解できて、それがうれしい理由の一つだった。

stap細胞の件で、いやな気分が後をひいていたけれどを、すっきりしそうだ。

これに、村上春樹氏が文学賞をもらえれば、と期待していたが・・・こちらは残念でした。

また、平和賞だが、「九条」が候補に挙がっているとか言われている。

先日テレビで、「もし受賞したら日本国民が貰うわけだから、賞金一億円は国民で分ける→ひとり1円もらえる。税金はつくのかなあ」などと話題になっていて、笑ってしまった。

もしもらえたら安倍首相が国民を代表してもらいに行くのかな。

その前に「くれないでください」と首相が頼みに行ったりして・・・。





何か挿絵は無いかと探したら、昔のカリンの絵が出てきた。

十年も前の絵で、この木は惜しいことに5年ほど前に枯れてしまった。

家族にぜんそく持ちがいて、のどにいいからとカリン酒を作っていた。が、ぜんそくは治ってそちらはよかったのだが、役目を終えたように木は枯れてしまった。

ピンクの花もとても可愛らしかったのに。

a0265514_1843239.jpg
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-09 18:04 | Comments(6)

ココワイナリーへ

ボランティア団体の日帰り旅行で、栃木方面へ行ってきた。

「こころみ学園ワイナリー→足利フラワーパーク(藤棚でも有名)→足利学校の日程で。

一番の目当てはこころみ学園のワイナリーで、とても有名なのでご存知の方も多いと思うが、リンク先を見てください。

知的障害を抱える教え子たちやその父母、協力者とともにその中学の先生が作り上げたワイナリーだ。

お邪魔にならぬよう作業風景や貯蔵施設を見学させていただいた。

45度もある山の急斜面を切り開いたブドウ畑は圧巻だった。


知的障害者ならではの真面目さ、粘り強さ、たとえばカラスを追い払うため毎日缶を叩いて、大声をあげて追い払う、不純物が混じっていないかじーっと流れてくる瓶を見つめて見つけ出す・・・来る日も来る日も、そういう単純な作業をひたむきに続けることができる人たちによってこのワインは作られる、という説明を聴いて驚くとともに実に納得した。

a0265514_21312131.jpg


上の絵はワインを試飲させていただいたときのもの。

瓶のラベルに園長先生の似顔絵が描いてあった。

「南しんぼう」と書いてあるから、あのイラストレーターの南伸坊氏が描いたと思う。


おつまみがお洒落で美味しかった。

   1.ホウレンソウのペーストを載せたガーリックトースト

   2.クラッカーにチーズ

   3.クルミ

   4.ブドウジャム

   5.干しシイタケ

   6.トマトジュース

ワインは3種類、素敵な雰囲気のブドウ棚の下のテラスで飲ませていただいた。

娘から、買うなら「辛口の赤にして」と言われていたので、私自身はあまりワインのあじは分からないが、試飲させていただい『「園長先生の赤ワイン』というのがおいしかったので、これとブドウ酢、ガーリックトースト、ブドウジャムを買った。

ワインは1600円だった。


帰ってから娘にはおいしいと褒められました(ほっ)。

ちなみに、沖縄サミットのときソムリエの田崎真也氏が目隠しをしてどこのワインか分からないようにして選んだワインがココファームのワインだったそうだ。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-01 21:48 | Comments(7)

a0265514_21412532.jpg


昨日23日、日本橋高島屋で開催中の「生誕120年記念 デザイナー芹沢鉎介の世界展」を娘と見てきた。

お彼岸の中日で、最終日だったから込むだろうとは思っていたが、作品がほとんど大作なので、充分鑑賞できた。
この人のデザインはあまりにも有名で日本人好みだと思うが、フランスでもとても人気があるとは知らなかった。

日本民芸館などで目にしてはいたが、これほどたくさん見られたのは初めてで、娘もとても満足したようだった。

    下の作品は「」と「
a0265514_214257100.jpg


  驚きますよねえ。こんなふうに文字をデザインするなんて。


帰途、高島屋の向かい側の丸善では、こちらは片岡球子、熊谷守一、東山魁夷などの作品を数百万円で売っていたのでびっくりしながら、でも、充分拝見して帰ってきた。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-09-24 22:10 | Comments(6)

今日は何の日

 つけない時もあるが、だいたい寝るときはNHKの「ラジオ深夜便」を小さくつけている。

 寝つけないときはだらだら聞いているが、ぐっすり寝てしまうことも多い。

 朝、5時ころふと目覚めると、アナウンサーの「ラジオ朝いちばんです!」という元気な声が聞こえてくる。

 もうひと眠りしたいとうとうとしながらきいていると、5時55分に『今日は何の日』という放送があって、6時半近くにもう一度同じ放送がある。(日によって時間が違うようです)追記

 今朝 9月20日、聴いていたら、アナウンサーが「この番組を聴いている方からお手紙が来て、出来事を覚えて毎日記録しています云々、だそうです。こういう聴き方もあるんですね」と感心していた。

 なるほど、やってみようかと思って、私も寝床で聴きながら項目は五つあるなと指を折って勘定した。



 さて、朝食後思い出してみると今日は、

 一、バスの日  明治時代に京都で、日本で初めてバスが走った。

 二、昭和20年、教科書の墨塗りが始まった。

 三、糸川英夫博士のカッパーロケットが打ち上げられた。宇宙に4分間?

 四、東京六大学リーグ戦開始。立教と明治。

 五、思い出せない。


 西暦、年号は思いだせないのが多かった。覚えていても間違っているかもしれない。


 以前この番組で、あるお家では家族そろってこの放送を聞きながら朝食をとり、特に小学生の子どもが楽しみに聴いているという話を聞いた。時々大事なニュースが入って番組がずれ込み、『今日は何の日』が省略されるとがっかりしながら学校へ行くと聞いて、かわいらしいと思った。

また、ラジオの楽しみ方を教えてもらった。

a0265514_1164317.jpg


これは夏に行った吹き割れの滝です。群馬県 
[PR]
by piropiromi65 | 2014-09-20 11:10 | Comments(8)