晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

観ました『風立ちぬ』

  先日、ジブリの『風立ちぬ』を観てきた。

  娘に「10歳の子どもにどうお?」と聞かれたので、「子どもには無理」と答えた。

  そう、大人向きの映画である。



  堀辰夫の小説『風立ちぬ』は読んでないが、柳田邦男の書いた『零式戦闘機』は以前読んだことがあったので、どうやって両者を結び付けるのかと興味があった。

  それは無理がなくていちおう成功していると思う。

 
  映像は美しく緻密で、関東大震災の場面もひしめく人々のすみずみまできちんと描かれて、相変わらず素晴らしかった。


 

 私がこの映画を見て感じたのは平和への強いメッセージだった。




  空を飛びたい、素晴らしい飛行機を作りたい、という人々の素朴な夢や努力が、やがてそれとは違う目的を持たされるようになり、爆弾を積んで飛ぶことになる。


 しかも皮肉なことに、戦争は飛行機の発展におおいに寄与することになるのだ。

 主人公の技術者は当時としては最新鋭の「零式戦闘機」を完成させるが・・・。






 戦後、日本はYS11という国産飛行機を生産したのを最後に飛行機を作らなくなる。

 しかし、飛行機を作る努力をした人々の心、技術は戦後に受け継がれて技術立国としての今の日本に貢献しているのだと思う。

 その部分も少しあった方がよかったかな。


  こうして書いてみると、ラブロマンスの部分は舞台回しのようなもので、美しかったけれど、特に感想はない。
 
 やはり飛行機の設計に苦労する部分が面白かった。



 
  ところで、映画に出てくる飛行機のプロペラの回転音、スイッチの音、汽車の轟音など効果音はすべて人が作っていたと知ってびっくりした。実際の機械音は一切使っていないのですって。そう言われなければ全く分からないのだからすごい!



 


 

 最後に、ダメなところ。


 相変わらず、声優がダメ。

 主人公の青年の声がそぐわない。

 そして性懲りもなく、有名俳優を使っている。


 採点は 5点満点のところ ☆4つ。

 もう一度観たいですか?と聞かれれば・・・観たいですね。
 

 
 

 

 

 

 
[PR]
by piropiromi65 | 2013-07-29 23:07 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(12)

おたより

a0265514_2218123.jpg




      暑中お見舞い申し上げます。


 お変わりなくお過ごしでしょうか。

  近所の保育園では毎日のように園児たちが歓声をあげてプールで遊んでいます。

 夏休みも始まって、子供たちには待ちかねた夏休みです。


  この夏は、甥の結婚式に始まり、実家の整理をしながらも、学生時代の友人たちと会い、

 六本木の「日本のグラフィックデザイン展」に行きました。

 そうそう、ブログフレンドのイワナさんの所属する「真空劇団」公演にも行きました。

 イワナさんの脚本で、俳優として出演も。

 満席でキャンセル待ちをしましたが空席は出ませんでした。人気なんですね。

 でも主宰者が私を気の毒がって、折りたたみ椅子を用意してくれました。

 
 

  参院選が終わって(私の場合、投票の優先順位は原発問題だったので、結果には不満足)、

 これからは引き続き実家整理と、孫たちの来訪(これが一番うれしい)、「風立ちぬ」を観ること、

 「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に行くこと、お神楽見物などが予定として有ります。

 その合間に傾聴活動もあるので、咋年と違って今年は少しは有意義な夏が送れるかもしれません。

 

  絵葉書は型染めしました。

 今年は久しぶりに友人たちに暑中見舞いを出そうかと思います。

 落款はブログフレンドの房州やさんが作ってくださったものです。 いいでしょ。


  では皆さま、熱中症に気をつけてお過ごしください。


                           7月 23日  夕立のあと


                                              ひろみママ

  

 

 
[PR]
by piropiromi65 | 2013-07-23 23:05 | Comments(4)

こんなこと しています


こんにちは。



と言っても、最後の更新から半年以上もたったので、覗いて下さる方がいらっしゃるかどうかわからないのだけれど・・・。

いろいろありながら、ひろみママとりあえず元気でおります。

すっかりブログとご無沙汰してしまったので更新がおっくうになりがちです。


母亡きあと、実家を兄のひとりが守っていてくれましたが、老朽化により、いよいよ取り壊すことになりました。

で、内部整理に実家へ通っています。


小さなしもた家なのに、家族7人の残したごちゃごちゃした道具、品物が多く、思い出のあるものも多いから
なかなかはかどりません。


つい最近もこんなものが出てきました。



母は女学校時代がよほど楽しかったらしく、いろんな話をしていましたが、修学旅行の思い出も印象深く、当時は珍しかった船旅もあったのだ と言っていました。

旅行先は関西だったけれど帰路は神戸から客船に乗って横浜まで帰ったのだと言いました。

当時の校長が先駆的な人で、「君たちはは卒業したらすぐ結婚する人もいるだろうが、将来を担う立派な日本人を育てるためにも、母親たるものはいろいろ経験して見分を広めておかなければならない」と言って、船も一等客室をあてがわれたのだと言うことでした。

聞いている私は、ふうん、そんないい経験をしたのねー・・・とただ聞き流してていたのでしたが、母の行李が出てくると、こんなものが入っていました。



a0265514_14545593.jpg



 これを見たときはびっくりしました。

 よくまあ、80年以上もまえのメニューがとってありましたねえ。

 戦争も疎開もあって何度も引っ越ししているのに、よほど大事な思い出だったのでしょう。


 日付も入っています。くしくも5月1日は母の誕生日です。

 献立は、オードブルにコンソメかポタージュ、ゆでタラのカーディナルソース添え、羊のタンを蒸して炒めたものにナスの詰め物・・・なんちゃらと続いて最後はコーヒーでしめているようですね。
途中で訂正しているのは 長豆(?)をやめてセロリにしたんですって。


 がらくたは捨てなくちゃいけないけれど、当時はなんてことなかったただの紙がこうして珍しくなるのだから、整理というのもhんとに難しいことです。


ちなみに、上部の美しい絵は絵葉書になっていて、切り離して使えます。
[PR]
by piropiromi65 | 2013-07-07 15:57 | Comments(16)