晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

福祉教育に参加して

最近、小中学校では、障害者や高齢者を意識した福祉教育が行われている。

車いすや目隠し、松葉づえなどを利用して体験したり、障害のある方を招いて子どもたちがお話を伺う機会も持たれている。

私が入れていただいている傾聴ボランティア団体では高齢者の施設や個人宅にお邪魔してお話し相手になっているが、「お話を聴く」ということは高齢者のみでなく子どもたちにも大事なことだという認識が広がって、社会福祉協議会を通じて小学校から依頼があった。

数年前から私たちの団体の「福祉教育部会」が担当してきた事業で、今年は5年生対象で、私もお手伝いで参加した。


「読む」「話す」はまあまあ学んできたと思うが「聴く」事そのものを学ぶ、というのは私がこれまで受けた教育には無かった。



どんな授業かというと・・・


めあては、話している人が「話してよかった」「もっと話したいな」と思うような聴き方を練習ことだ。

まず、よい聴き方、悪い聴き方を私たちがロールプレイで見せて、どちらがどんなところがよかったか子どもたちに言ってもらう。

子どもたちはすぐ分かるのでよい聴き方は「話している人の顔をちゃんと見ている(アイコンタクト)」「笑顔だった」「うなずいてあいづちを打っていた」などといろいろ感想が出た。←これが3つのポイント(パスポート)

それから子どもたちにもロールプレイをさせて、話しているのに知らんぷりされた時と、耳を傾けて聴いて貰った時と、両方の体験をして感じてもらった。

最後は「聞く」と「聴く」」の違いを知らせ、上手にお話を聴ければ、話した相手との関係がよくなって仲良くなれる、これを傾聴と言うんだよというようなことで締めくくられた。



この授業の1週間後位に、地域のお年寄りに協力してもらい、実際に「お年寄りからお話を聴く」機会を作る予定がある。

3つのパスポートを使って上手にお話を聴けるか早速の実践だ。

もちろん、すぐに上手に聴けなくても、心の奥に残っていてくれればよい。

※ この間テレビを見ていたら、大手コンビニの社長がお忍びで成績の上がらない店を訪問し、「お客様が入   ってきたとき、従業員は『いらっしゃいませ!』と大きな声で挨拶しながら、誰もお客さまの方を向いていなかった」と注意する場面があった。
   コンビニでさえ、アイコンタクトを大事にするのだ、と妙なところで感心した。
a0265514_16302363.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-30 16:33 | Comments(6)

またばばバカで・・・すみません。

a0265514_10413364.jpg


よそんちの孫なんて、その子がすべった転んだって、何の興味もないですよね。

ですからスルーして下さい。


もし、見ていただけるなら、「南の島では子どもたちはこんな体験をするのか~。へぇー」と

思ってください。


ゴーヤーの受粉作業・・・・面白そう。

葉っぱで編むかご・・・バナナの葉っぱかな。

サーターアンダギー・・・こちらでもすっかりおなじみ。

「ひろゴーヤー」の顔の絵には、ほうれい線がばっちり2本も描かれていて、
自分が孫にとってはやっぱりばばであることを痛感させられます。

※ 来週から1週間の予定でまた孫がこちらへ遊びに来ます。台風がふたつ来るような感じです。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-11 10:56 | Comments(13)

またノーベル賞

今年のノーベル物理学賞に3人の日本人の方が受賞したニュースは、うれしかった。

ほんとに誇らしい。そしてお三方、おめでとうございます!

今までもアジア人としては抜群に受賞していたのだが、特に何が嬉しいかと言って、理由が分かりやすかったことだ。

これまでは物理学の素粒子とか何とかと言われても全くちんぷんかんぷんで、理解できなかった。

それが青色発光ダイオード(LED)の発明ということで、新聞やテレビの解説を見聴きしていてもよく理解できて、それがうれしい理由の一つだった。

stap細胞の件で、いやな気分が後をひいていたけれどを、すっきりしそうだ。

これに、村上春樹氏が文学賞をもらえれば、と期待していたが・・・こちらは残念でした。

また、平和賞だが、「九条」が候補に挙がっているとか言われている。

先日テレビで、「もし受賞したら日本国民が貰うわけだから、賞金一億円は国民で分ける→ひとり1円もらえる。税金はつくのかなあ」などと話題になっていて、笑ってしまった。

もしもらえたら安倍首相が国民を代表してもらいに行くのかな。

その前に「くれないでください」と首相が頼みに行ったりして・・・。





何か挿絵は無いかと探したら、昔のカリンの絵が出てきた。

十年も前の絵で、この木は惜しいことに5年ほど前に枯れてしまった。

家族にぜんそく持ちがいて、のどにいいからとカリン酒を作っていた。が、ぜんそくは治ってそちらはよかったのだが、役目を終えたように木は枯れてしまった。

ピンクの花もとても可愛らしかったのに。

a0265514_1843239.jpg
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-09 18:04 | Comments(6)

ココワイナリーへ

ボランティア団体の日帰り旅行で、栃木方面へ行ってきた。

「こころみ学園ワイナリー→足利フラワーパーク(藤棚でも有名)→足利学校の日程で。

一番の目当てはこころみ学園のワイナリーで、とても有名なのでご存知の方も多いと思うが、リンク先を見てください。

知的障害を抱える教え子たちやその父母、協力者とともにその中学の先生が作り上げたワイナリーだ。

お邪魔にならぬよう作業風景や貯蔵施設を見学させていただいた。

45度もある山の急斜面を切り開いたブドウ畑は圧巻だった。


知的障害者ならではの真面目さ、粘り強さ、たとえばカラスを追い払うため毎日缶を叩いて、大声をあげて追い払う、不純物が混じっていないかじーっと流れてくる瓶を見つめて見つけ出す・・・来る日も来る日も、そういう単純な作業をひたむきに続けることができる人たちによってこのワインは作られる、という説明を聴いて驚くとともに実に納得した。

a0265514_21312131.jpg


上の絵はワインを試飲させていただいたときのもの。

瓶のラベルに園長先生の似顔絵が描いてあった。

「南しんぼう」と書いてあるから、あのイラストレーターの南伸坊氏が描いたと思う。


おつまみがお洒落で美味しかった。

   1.ホウレンソウのペーストを載せたガーリックトースト

   2.クラッカーにチーズ

   3.クルミ

   4.ブドウジャム

   5.干しシイタケ

   6.トマトジュース

ワインは3種類、素敵な雰囲気のブドウ棚の下のテラスで飲ませていただいた。

娘から、買うなら「辛口の赤にして」と言われていたので、私自身はあまりワインのあじは分からないが、試飲させていただい『「園長先生の赤ワイン』というのがおいしかったので、これとブドウ酢、ガーリックトースト、ブドウジャムを買った。

ワインは1600円だった。


帰ってから娘にはおいしいと褒められました(ほっ)。

ちなみに、沖縄サミットのときソムリエの田崎真也氏が目隠しをしてどこのワインか分からないようにして選んだワインがココファームのワインだったそうだ。
[PR]
by piropiromi65 | 2014-10-01 21:48 | Comments(7)