晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

充実した9月

9月はいろいろな事があった月だった。

楽しいことでは、ブログフレンドの「つぼみさん」と「本屋のオバさん」にお会いできたこと。

昨年来の「つぼみさん」の提案で、東京は上野精養軒でお二人と楽しいひとときを過ごすことができた。

家族、仕事、健康、将来の夢・・・初対面なのにぎごちなさがなく、私などついうっかり遠慮もなくおしゃべりしてしまった。
お二人からはいろいろ刺激をいただいて、久しぶりに充実した時間だった。

ほんとにありがとうございます。

お別れしてから上野公園を散歩していたら、大陶器市に出会い、長男が欲しがっていたお寿司屋さんでよく出てくる魚の名前をたくさん書いた湯呑を見つけたので買って帰った。最後まで楽しかった。


残念なことでは「戦争法案」が強行採決されたこと。でも、民主主義、立憲主義、日本国憲法などについて深く考える機会を持てたことのみ、安倍総理に感謝している。スーパーのポイントがたまって、池上彰さんのやさしい憲法の本がタダで買えた。ちょっぴり得した気分だ♪



ところでもうひとつ楽しかったこと。

娘と「行ってみたいね」と話していた 直島へ旅行ができたこと。

a0265514_13341097.jpg 香川県に着いたら、こんぴらさんにはぜひ、お参りしたかった。

映画「二十四の瞳」でも修学旅行で金毘羅参りをしていたし。









a0265514_133818100.jpg 



















a0265514_13405489.jpg 嫌いではないがふだんはあまりうどんを食べない私だが、うどんはやっぱり美味しかった!

高松出身の奥さんを持った兄のアドバイスで、琴平 半日でも愉快。

おまけに、偶然ちびまる子ちゃんテーブルのの、まるちゃんシートに座れてラッキーだった。




a0265514_13532526.jpg 翌日はフェリーで直島へ。

現代アートの島として世界的に知られているらしく、観光客の三分の一はアジア系、三分の一は欧米系、残り三分の一が日本人だった。







a0265514_13582557.jpg 民家を利用してさまざまなアートが並ぶ。

ふつうのおうちでも、のれんをかけたり、家の内外をきれいに整えて、島じゅうがアートと化しているようだった。

下左の家は、もとはいしゃさんの家で、旧い看板やら廃船の部品やら打ちつけて、内部には
1、2階吹き抜けでパチンコ屋かビデオ屋からもらったどでかい「自由の女神」が据えてあってびっくりした。

a0265514_1410173.jpg 




















a0265514_1412594.jpg ベネッセハウスに泊まるということは美術館に泊まること。   

ふつう絵や彫刻を見に行くといえば、絵そのもの、彫刻そのものを見に行くのだが、ここでは自然の中に建物が溶け込み、風景も光も風も雨も波も 自然が芸術だといえば、その芸術品の中にお泊りできるということだ。
夜は夜でナイトツアーがあってホテルの従業員(学芸員?)が案内解説してくれた。



直島のほかの島々へのツアーもあるけど今回はここまでしか時間が無かった。お金もなあ・・・。

またお金が貯まったら来たいけどなあ・・・。

(写真を撮ったのでアップしたかったのですが、どこにしまい込んだのか引っ張り出せなくて絵だけになりました。とほほ)
[PR]
by piropiromi65 | 2015-09-26 14:16 | Comments(12)

寂聴さんと美輪ちゃま

a0265514_11392474.jpg  かちゃかちゃテレビのチャンネルを回していたら、偶然お二人の対談をやっていた。

娘は美輪ちゃま(そう呼んでいる)のファンである。

「このふたり、もう人間じゃないよね」と言うので、噴き出してしまった。

いろいろ批判もあるだろうけれど、苦難を乗り越えて90代と80代、(人間の?)達人となった方たちのお話は心に響く。

人生、恋愛、歌、戦争、政治、社会・・・もろもろ・・・。


娘が美輪ちゃまのことで私に話してくれることでちょっと心ひかれたのは夢についてだ。

夫が亡くなってから、何度も夫の夢を見た。

娘が言うには(美輪ちゃまが言うには)、死んだ人が夢に現れるにはタイミングがあって、現れているのに昼間だから気がつかなかったり、あまり疲れていて出合えないこともあるそうだ。

ふーん。

しかしここまで。それ以上のことは、いわゆる霊的なことはあまり知りたくないと思っている。

以前夫が夢に現れて、それは電話がかかってきて夫の声だったのだが、「みんな元気か」と訊いてくる。

それで、「元気でやっていますよ」と答えてふと眼が覚めたら、1年目、命日の朝だった。

不思議なことは不思議なままでいい。
[PR]
by piropiromi65 | 2015-09-13 11:53 | Comments(10)

秋の空?

a0265514_8312651.jpg
夏の間 、ブログを放置してキリギリス状態だった。あまり反省もしていないのでいけない私。

久しぶりにこけしをモデルにスケッチしてみた。色鉛筆を削るのは楽しかった。


一昨年実家を取り壊すので整理をしたとき、このこけしたちを兄たちは誰も引き取らなかった。まあ男の人はこういうものに興味はないと思うが・・。

かわいいし、処分してしまうのはかわいそうと思って、わが家に引き取って、また物が増えてしまった。

値打ちがあるほど古いものではなく、左から2番目が一番古くて60年くらい。

底に「秋山忠市作」と書いてあるので、調べてみたら鳴子系というのだった。黒光りしていて色があせていたので絵に描く時は口元やリボンは紅く塗ってあげた。

隣の紅い着物のこけしは、三番目の兄の婚約者が東北のひとで、初めてわが家に来た時お土産に持ってきてくれたものだ。とてもいい人で、みんな結婚に賛成していたのだが、わけがあって取りやめになった。

その後兄は別のひとと結婚して、こけしは実家に置いていかれた。

こけしは何を考えていたのかなあ・・・。

実家を整理していたとき、さすがにその兄に「あなたにゆかりのものだから持っていってよ」とは言えなくて、この子は他の子と一緒にわが家にやってきた。

こけしも進化するから、両脇の二人はモダンな作りになっている。

ずっしりとした木の人形は温かみがあっていいものだなあと思った。



この夏はどこにも行かなかったので(国会前にはよく行ったが)、今月半ば瀬戸内海方面へ行く予定をたてている。楽しみです。
[PR]
by piropiromi65 | 2015-09-07 20:41 | Comments(6)