晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高橋源一郎の人生相談

作品は読んだことがないけれど、新聞の人生相談が興味深い。

相談者への答えには必ずしもなっていなくて、自分の心境を「相談」に寄せて「ボクの場合はこうなんだがなあ」とつぶやいているように見える。あぁ、そうも言えるのか、と読者は勝手に納得できればいいようだ。

で、7月11日はこうだった。


相談   「人とのつながりがなく、認知症が不安」

 父母の仕事を継いで30年。一人でがんばってきましたが、11年前に娘夫婦の姑の問題で気が休まらず店を閉めました。
その姑が認知症で施設に入所したことで少し楽になりました。
 今の家に70年以上住み、近所の人との会話はありますがなじめません。
歴史の講座に出かけますが話を聞くのみ、会話がありません。
 人と人とのつながりが少なく、このまま私も認知症になったらと不安です。
                                      77歳・女性

回答

 諸般の事情があって、若い頃、わたしは、拘置所の独房に8か月ほど滞在していました。もちろんその間は、会話することなんてできません。
 面会にやってくる知人と交わす数分が、会話のすべて、ろくな話もできず、「ああ、外へ出たら、思い切り、誰かとしゃべりたい!」と思ったものでした。
 けれども、実際に、「外」へ出て、みんなとしゃべってみた時の感想は「意外とつまらないものだなあ」だったのでした。
 もちろん、会話の楽しみはよくわかっております。けれども、どんな楽しい会話もやがて終わり、その誰かも、どこかへ去ってゆく。そして、わたしたちはひとり残されるのです。

 わたしが生涯でいちばんたくさん本を読んだのは、独房で過ごした8か月でした。それは、言葉にならないほど豊かで、わたしを潤し、わたしというものを作ってくれた時間でした。 ほんとに、もう一度、独房に入りたいくらいです。そのとき、わたしは、耳を澄まして、本の著者たちと会話を交わしていたのだと思います。現実の会話と比べ、どちらが素晴らしいと思われますか。まあ、比較する必要もないのですけれど。

 わたしが話をしたいと思うのは、孤独でいることのできる人、孤独の楽しみを知っている人です。あるいは、他人の話を聞くことができる人です。充実した人生の時間を生み出すために、おしゃべりというものは本当に必要なのでしょうか。    高橋源一郎


 独房のところでは、笑いながら読んだ。最後の「他人の話を聞くことができる人」は含蓄に富んでいると思う。
 世の中は、人の話を聞くより話すことの方が好きな人が圧倒的に多い。私もそう。
 今月、私たちの「傾聴団体」は講師をお呼びして3日間講座を開いた。
 参加者たちは目からうろこだったようだ。
 話すことにはそれほど努力は要らないが、聴くには相当の努力がいるから。
 最後におかしかったのは講師の方の言葉。
 「ひとの話を聞けないのは、お医者さんと学校の先生です」とはすごい皮肉だった。
         
a0265514_1359294.jpg


 
[PR]
by piropiromi65 | 2016-07-28 14:00 | Comments(6)

久しぶりに

娘は出て行ったので、一人暮らしになった。

結婚といっても式も披露宴も旅行もしないのを「ナシ婚」というらしい。

私の友人たちは 「お金も世話もかからなくていいわよ」  「当人たちが好きなようにすればいいのよ」 「当節は何でもアリよ」・・・とにぎやかに言ってくれる。

それでも親戚には知らせたほうがいいんじゃないかと、挨拶状を送るために ふたりは記念写真だけは撮りに行くことになった。

スタジオから「肌襦袢、裾除け、足袋は持参してください」と言われ、「お母さん『裾除け』って何?」と聞いてきたので、和服に縁がないので知らないのも無理はないと思った。私自身も和服に縁を切っていたし。

母の遺した大量の和服は「たんす屋」という着物リサイクル店に引き取ってもらったが、黒の礼服と和装小物類は引き取らないのでそのまま手元にあって幸いだった。

肌襦袢、裾除けなど水に通して「母親らしいことをしているな」とちょっとしみじみした。

ナシ婚で「すすんでいる?」のに、写真を撮る日、入籍する日は都合の良い日ではなく、縁起の良い日を選ぶというのだからちょっと笑う。



「もう一生結婚しない」と言っていたのに、ご縁があった娘。

向こうのご両親にもお目にかかったら、よい方たちでほんとによかったわ。

連れ合いも天国でほっとひと安心しているだろう。

a0265514_1753429.jpg

[PR]
by piropiromi65 | 2016-07-08 17:07 | Comments(12)