晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋が来て、いろいろ。

ずーっと秋雨前線が長引いて、少しの曇り空、晴れ間、そしてまた台風の気配。

雲の切れ目から顔を出した太陽を信じて、ちょっとの間でもいいからとカバンを干した。

帆布の湿ったトートバッグを庭木の枝にひっかけて乾かし、夕方取り込もうとしたら、中から小さなバッタがぴょんと跳び出してきた。

あ、やっぱり秋なんだわ・・・。



娘にもう一つ幸せが訪れようとしている。

来春 出産予定。どうぞ無事にと願う。



友人から、別の友人と一緒に行くつもりだったさだまさしのコンサートに、その人が行けなくなったので一緒に行かないかとお声がかかった。

以前から一度は行ってみたいと思っていたコンサートだが、調べるといつも売り切れで、テレビで見るだけで我慢していた。

だもんで、大喜びでわくわくしながら出かけた。

会場の東京国際フォーラムのAホールは5000席超。

それが満員だ。

おまけに私たちが座った席は、1階中央近くでなんと前から2列目!

「どうしてこんないい席がとれたの?」と訊くと、友人も「わたしもこんないい席初めて」。



まっさん(さだまさし)は午後6時から2時間45分間、休憩なしで熱演だった。

歌はもちろんトークも笑いに次ぐ笑いで、これもまっさんの人柄がよく表れている。

最後のアンコール曲は「遥かなるクリスマス」。

初めて聞いた歌だが、彼の反戦の思いが響いた。
[PR]
by piropiromi65 | 2016-09-30 09:41 | Comments(8)

怖い話

残暑厳しくてももう九月に入っているのに、いまさら怖い話・・・。

でも、二男の嫁に聞いたホントの話なのでちょっと聞いてね。



前回の、かるたを送ることになっている孫息子は来月4歳を迎える。

その孫が3歳になりかけのころのこと。

ある日、家族でドライブをしていた。

孫はチャイルドシートに座って車の窓から外を見ながらひとりでしゃべっていた。

「あかいくるま」  「しろいくるま」  「おっきいとらっく」・・・と歌うように・・・。

やがて車はトンネルに入った。

しばらくすると「ぬれてる、おねえちゃん・・・」と言った。

何も見えなかった嫁はびっくりしたという。

しかもその日は雨は降っていなかった。


また別の日、外から帰ってきた。

マンションの玄関は薄暗い。

すると玄関の隅に向かって「ちょこで何してんの?」。

やはり何も見えない嫁はぞっとして、急いで孫をだっこして部屋に連れてきた。


幼い子供は大人に見えないものが見えると言うが、ほんとかしら。

まだ半信半疑。私には見えないので。

パソコンでこれを打ちながら私もあたりを見回しています。
[PR]
by piropiromi65 | 2016-09-08 21:18 | Comments(8)

かるたを作った

もうすぐ次男のところの孫息子が四歳になる。

元気で幼稚園に通ったり、年子の弟とけんかしたり、それはそれはにぎやかだ。

字も少しずつ読めるようになってきた。

以前は絵本を作って贈ったが、目が衰えて疲れてきた。

それで今度は思いついてかるたをつくることにした。

小さいし五十音で簡単だろうと思ったが、絵ふだと読みふだで枚数が2倍になるのでちょっと「しまった」。

でも「作ってあげる」と嫁に言ってしまったので・・・・・・作りました。

絵よりも字句を考える方が難しかった。

特に「を」と「ん」。

「を」は「くっつく『を』だよ」とか、「ん」は「ん」のつく言葉の絵、ニンジン、パンダ、リンゴなどの絵を描いて、「どれにも『ん』がはいっているよ」とか・・・。
a0265514_2159856.jpg


パーソナルかるたなので、孫やパパを描いたり、孫の好きな京王線の電車を入れるのは楽しかった。

描くのが難しい波は北斎さんからいただき、洗濯機はうちのだ。

お相撲さんを描くときはまわしの後ろがどう結んであるかわからなかったので、ネットの写真で調べた。

ネットはそんなことまで教えてくれる。、おかげでまわしの結び方を覚えてしまったわ。意味ないけど。


ちなみに、無地のカルタは千代田区神田神保町の『奥野かるた店』で購入。1080円だった。
[PR]
by piropiromi65 | 2016-09-01 22:11 | Comments(10)