晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子守歌

娘が里帰り出産し、子育ての手伝いをしていて、何十年ぶりかの経験をした。

孫息子を抱いて寝かしつけるときに、子守唄を歌ったのだ。

童謡、唱歌、歌謡曲・・・。

歌謡曲なんて今の歌だっていいのに、わざわざ昔の歌を歌ったりして自分でも笑った。

どんな歌かって?

例えば私の好きな「憧れのハワイ航路」とか「この世の花」とか。

子守歌は美しい歌声よりも、ゆっくりとおばあさんのしわがれ声のほうがいいのかも。

歌詞もはっきりしているより、意味不明のふんふんと鼻歌のほうがいいのかも。

でもあとからあとから懐かしい歌が出てくるので、感心した。

うろ覚えでも「かもめの水兵さん」「ゆりかごの歌」「歌を忘れたカナリヤ」

「夢のお馬車」「ばあやたずねて」「みかんの花咲く丘」「靴が鳴る」・・・。

もっと古く、わたしの母が歌っていた子守唄もあった。

ご存じないと思うけれど。


「一番初めは一宮、二は日光の東照宮、三は桜の惣五郎、四は信濃の善光寺・・・」と続いて

最後は「十で東京二重橋」と終わるはずが、「浪子が泣く」とか「武夫がいくさに行くときは・・・」と

徳富蘆花の「不如帰」につながってしまう変な歌。

明治から昭和にかけて流行った歌らしくて、母が私の子供をあやすときによくうたっていた。



さて、私の娘は子守歌に「ナウシカ」を歌っていました。





[PR]
by piropiromi65 | 2017-06-12 11:11 | Comments(8)

こんにちは

パソコンを新しくしたり里帰り出産があったりして、とうとう4か月もブログ更新できなかった。


今日娘が赤ちゃんを連れて無事自宅へ戻った。

私のほうは、兄が入院してその見舞いに行っていたので、その間に婿が迎えに来たのだった。

帰宅すると家の中がすっかり片付いて、赤ちゃんがいた形跡は何もなくなっていた。

ゆりかご、ベビーバス、山のようなバスタオル、オムツ・・・。

残っていたのは赤ちゃんの乳臭いような甘い香り?

終わってみればあっという間の2か月だった。

今夜はこれにて。

[PR]
by piropiromi65 | 2017-06-01 22:36 | Comments(5)