晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

高橋源一郎の人生相談

作品は読んだことがないけれど、新聞の人生相談が興味深い。

相談者への答えには必ずしもなっていなくて、自分の心境を「相談」に寄せて「ボクの場合はこうなんだがなあ」とつぶやいているように見える。あぁ、そうも言えるのか、と読者は勝手に納得できればいいようだ。

で、7月11日はこうだった。


相談   「人とのつながりがなく、認知症が不安」

 父母の仕事を継いで30年。一人でがんばってきましたが、11年前に娘夫婦の姑の問題で気が休まらず店を閉めました。
その姑が認知症で施設に入所したことで少し楽になりました。
 今の家に70年以上住み、近所の人との会話はありますがなじめません。
歴史の講座に出かけますが話を聞くのみ、会話がありません。
 人と人とのつながりが少なく、このまま私も認知症になったらと不安です。
                                      77歳・女性

回答

 諸般の事情があって、若い頃、わたしは、拘置所の独房に8か月ほど滞在していました。もちろんその間は、会話することなんてできません。
 面会にやってくる知人と交わす数分が、会話のすべて、ろくな話もできず、「ああ、外へ出たら、思い切り、誰かとしゃべりたい!」と思ったものでした。
 けれども、実際に、「外」へ出て、みんなとしゃべってみた時の感想は「意外とつまらないものだなあ」だったのでした。
 もちろん、会話の楽しみはよくわかっております。けれども、どんな楽しい会話もやがて終わり、その誰かも、どこかへ去ってゆく。そして、わたしたちはひとり残されるのです。

 わたしが生涯でいちばんたくさん本を読んだのは、独房で過ごした8か月でした。それは、言葉にならないほど豊かで、わたしを潤し、わたしというものを作ってくれた時間でした。 ほんとに、もう一度、独房に入りたいくらいです。そのとき、わたしは、耳を澄まして、本の著者たちと会話を交わしていたのだと思います。現実の会話と比べ、どちらが素晴らしいと思われますか。まあ、比較する必要もないのですけれど。

 わたしが話をしたいと思うのは、孤独でいることのできる人、孤独の楽しみを知っている人です。あるいは、他人の話を聞くことができる人です。充実した人生の時間を生み出すために、おしゃべりというものは本当に必要なのでしょうか。    高橋源一郎


 独房のところでは、笑いながら読んだ。最後の「他人の話を聞くことができる人」は含蓄に富んでいると思う。
 世の中は、人の話を聞くより話すことの方が好きな人が圧倒的に多い。私もそう。
 今月、私たちの「傾聴団体」は講師をお呼びして3日間講座を開いた。
 参加者たちは目からうろこだったようだ。
 話すことにはそれほど努力は要らないが、聴くには相当の努力がいるから。
 最後におかしかったのは講師の方の言葉。
 「ひとの話を聞けないのは、お医者さんと学校の先生です」とはすごい皮肉だった。
         
a0265514_1359294.jpg


 
[PR]
# by piropiromi65 | 2016-07-28 14:00 | Comments(6)

久しぶりに

娘は出て行ったので、一人暮らしになった。

結婚といっても式も披露宴も旅行もしないのを「ナシ婚」というらしい。

私の友人たちは 「お金も世話もかからなくていいわよ」  「当人たちが好きなようにすればいいのよ」 「当節は何でもアリよ」・・・とにぎやかに言ってくれる。

それでも親戚には知らせたほうがいいんじゃないかと、挨拶状を送るために ふたりは記念写真だけは撮りに行くことになった。

スタジオから「肌襦袢、裾除け、足袋は持参してください」と言われ、「お母さん『裾除け』って何?」と聞いてきたので、和服に縁がないので知らないのも無理はないと思った。私自身も和服に縁を切っていたし。

母の遺した大量の和服は「たんす屋」という着物リサイクル店に引き取ってもらったが、黒の礼服と和装小物類は引き取らないのでそのまま手元にあって幸いだった。

肌襦袢、裾除けなど水に通して「母親らしいことをしているな」とちょっとしみじみした。

ナシ婚で「すすんでいる?」のに、写真を撮る日、入籍する日は都合の良い日ではなく、縁起の良い日を選ぶというのだからちょっと笑う。



「もう一生結婚しない」と言っていたのに、ご縁があった娘。

向こうのご両親にもお目にかかったら、よい方たちでほんとによかったわ。

連れ合いも天国でほっとひと安心しているだろう。

a0265514_1753429.jpg

[PR]
# by piropiromi65 | 2016-07-08 17:07 | Comments(12)

自治会と寄付

今年度は自治会の班長役が回ってきた。

誰もが順番ですることなので、回覧板を回したり、自治会費を集めたり、公園の草むしり、お祭りの手伝い等仕事をする。

そのための班長会議が適宜夜に開かれる。

先日、それに参加したら、夜の7時半に始まって9時過ぎまで及んだ。

理由はもめたから。

何でもめたかと言うと、「赤十字」「赤い羽根共同募金」「社会福祉協議会」「歳末助け合い」の募金として自治会費からお金を出しているが、募金の趣旨からして会員の了解を得ずに出すのはおかしいというわけ。

募金はしたい人がすればいいので、したくない人の分まで勝手にしてしまうのは『違法』という意見が出た。

そして寄付が欲しいのであれば、本来団体の人間がお願いに来るべきなのに、自治会の班長に肩代わりさせて働かせているという意見まで飛び出した。

班長会議ではそれに同調する意見が多く、自治会として上の4つの募金を拠出しない、と決議した。



しかし、今年度の予算として募金が計上され、総会で承認されてしまっているので今度は臨時総会を開いてそれを取り消そう、という動きになった。


あまり自治会のことに関心を持たず、会費の徴収があれば、また上記の団体の寄付要請があれば漫然と少額寄付していた私もふと考えてしまった。

ネットで調べてみたら、どこかの地域で裁判になり、最高裁の判決まで出ていたらしい。

それをそのまま自分の自治会にあてはめることはできないが、気付かずぼんやりすごしていたのかなとちょっと反省した。

a0265514_21491881.jpg

どこか忘れたけど沖縄の景色らしい。
[PR]
# by piropiromi65 | 2016-04-25 22:30 | Comments(6)

孫娘中学生に

入学式があるというので、二泊で慌ただしく沖縄へ行ってきた。

もっとゆっくりしたかったが、次の日仕事、その次の日法事 と予定が立て込んでいたためとんぼがえりのようになった。でも、近所を散歩するくらいのことはできた。

※ 今回は写真も絵もないので、リンク先のきれいな写真を見てください。



さて、ぶらぶら首里城へ行くつもりが、ひょいと案内看板が目に入り、『一中健児の塔』、『首里金城町石畳』の矢印にひかれて横道へ曲がった。

ひめゆり部隊は有名だが、一中(現首里高等学校)男子生徒も戦争に駆り出され、大勢「戦死」している。

健児慰霊碑に手を合わせ、記念館にはいると二階の一室に、遺品や遺書、亡くなった教員、生徒の顔写真がずらりと並んでいた。まだ16,7歳のあどけない顔ばかりだった。

記念館のスタッフのお嬢さんが埼玉に住んでいたことがあるというので、少し談笑。


次に『石畳』を散策した。NHK朝ドラ「ちゅらさん」のロケに使われた道だ.

塀の「石敢當」の文字は中国由来のおまじないで、魔物が入ってこられないようにするためだとか。

石畳の途中に休憩できる民家があり、そこでひと休みしていると中年男性と目礼し合い、ちょっと話が盛り上がった。

おばさん(おばあさん)というのはどうも他人と気安く話ができるので自分でも気恥ずかしい・・。

その男性は福岡県から移住してきた人で、写真を撮る仕事で沖縄はじめあちこち飛び回っているという。

埼玉にも「稲荷山古墳群」の写真を撮りに行ったとかで、そこでまたプチ盛り上がり。

そうこうしているうちに入学式の時刻が迫ってきたのでお別れした。


孫娘の中学の入学式はまあ普通の入学式で、内地とほぼ変わらなかった。

少し違っているのはその背景だ。

沖縄ではきょうだいが3人4人いるのは当たり前なので、小学校と重ならないよう午後2時からの式だった。

時刻になるとお父さんたちも続々来場してくる。

「内地では平日の午後にお父さんはなかなか出席できない」と嫁に言ったら、「こちらではお父さんが休みを取るのは当然なんです」と答えた。

祖父母も出席するのは当たり前として、親戚でもない人が出席することもあるという。

講や無尽などで仲のよい人の子どもが入学すると、「行くさー」と言って一緒に出席するのだという。

だから体育館は保護者席が多くて、場所のない在校生は二階のギャラリー席にも座っていた。

そういうのは内地でも離島や山間地などではあると思うが、那覇はいちおう都会だ。

だから娘は「そういうのって結構いいことでしょ」と笑った。


孫娘は三線と琴、琉球舞踊を習っており、私も芸事は好きなので今回は琉舞のお稽古を見せてもらった。日本舞踊とはまた違うが、腰の入れ方など孫はうまいので褒めて褒めていい気持ちにさせてきた。


そして、今月末の大型連休には、また孫娘は埼玉にやってくる。

中学生活の土産話を聞かせてもらわなくちゃ。
[PR]
# by piropiromi65 | 2016-04-11 19:38 | Comments(3)

ちょっと箱根♪

a0265514_14331025.jpg
 表題通り、長男の会社の保養所が箱根小湧園(こわきえん)にあるということで、娘と私を招待してくれた。

連れ合いの会社も箱根強羅に保養所を持っていたので、義父母、私の両親や兄弟、子どもたち、友人・・・息子に彼女ができてからはそんな子たちもよく利用させてもらった。

連れ合いが亡くなってからはとんとご無沙汰していた箱根だが、長男の『親孝行』により、娘も便乗しての息抜き旅となった。


箱根湯本から先へしか行ったことが無かったので、今回は後戻りして本間寄木美術館鈴廣かまぼこ博物館へ行った。その間、長男はてくてく歩きの旅へ。
a0265514_1443279.jpg


私たちはしなかったけれど、たくさんの人たちが楽しそうにかまぼこづくり体験をしていた。

どうしてかまぼこと言うかというと、大昔、武士たちがあまった魚をすりつぶして槍や鉾の先にすり身をぬってあぶっていたのが、まるで植物の蒲の穂に見えたところから「がまほこ」「かまぼこ」となった、というのが有力なようだ。


次の日はメインの岡田美術館へ行った。

ここはテレビで金曜日午後8時からBS4でやっている「ぶらぶら美術館」で紹介された。私はその案内人である山田五郎さんの大ファンだ。五郎さんが、お笑いのおぎやはぎを連れてあちらこちらのミュージアムをめぐる。実はNHKの「新日曜美術館」よりも好きな番組なのだ。

その五郎さんがここを紹介したときから、ぜひ来てみたかった。

箱根にはたくさんのミュージアムがあるが、2013年にできた1番新しい美術館だそうだ。

a0265514_1619142.jpg


入館料が2800円もするので、私が払うと言っても長男は興味が無いからと別のところへ遊びに行ってしまった。

娘は興味はあるけど「それにしても高い。でもお母さんが払ってくれるのなら」とぶつぶつ言いながらもついて来た。

ところが、入ったとたん「きゃー、おかあさん、すごい!」

うす暗い部屋に大きな見事な景徳鎮の壺、皿!!唐三彩のラクダ!

他にも国宝級の作品がざくざくで、「おかあさん、教科書で見たものがこんなにある!」と茫然としていた。

とても観きれるものではないので、またこの次の機会にということにして外へ出て、五郎さんとおぎやはぎも入っていた足湯に浸かることにした。

風神雷神図の巨大パネルを観ながらの贅沢な足湯。

さすがにお汁粉は娘がおごってくれた。

長男と娘に感謝しながら家に帰ってから、絵日記をまとめてみると以前箱根に行ったのは8年前、連れ合いとの旅だった。

その時たずねた温泉小学校の図。校門の上を箱根登山鉄道が走っている。
a0265514_17463397.jpg

[PR]
# by piropiromi65 | 2016-03-18 14:45 | Comments(8)