人気ブログランキング |

晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

『古着のゆくえ』

ノーベル賞受賞がお二人も!

おめでとうございます。誇らしいです。

本当の科学者とはどういう方のことを言うのか、教えていただいたような気がします。



さてと、友人からこんなチラシをもらった。せっかくの機会なので行ってきた。

a0265514_22203942.jpg















日本で回収される繊維品はこのチラシにあるように約25パーセント、残りの75パーセントはゴミとして焼却される。

ドイツ、ベルギーでは逆に約80パーセントがリサイクルに回されているそうだ。

私もビン、缶、ペットボトル、古紙類はちゃんと分別して出しているが、繊維製品になるとどうだろう。

まだ着られるようなものはリサイクル店に持って行き、古びてどうにもならないと自分で思ったものははさみで切って使い捨ての雑巾にするか、またはゴミとして出してしまっている。

今回見学した回収会社でいろいろ説明していただいて、なるほどと思ったり、びっくりしたりした。

a0265514_22411319.jpg



ベルトコンベアーは何台もあるが、仕分けはやっぱり人の目でされる。

繊維製品だけのはずが、靴や帽子、ハンドバッグまで紛れ込んでいたりした。


良いものは日本の古着市場に出し、残りは輸出と援助に分けられるそうだ。

さらに材質によって工業用雑巾(ウエス)として加工され、販売される。

このへんのところは会社のリンクをご覧ください。


一番驚いたのは仕分けの箱に「トランクス」「ブリーフ」「ブラジャー」「靴下」など書いてあって、下着がいっぱい入っていたことだ。パンツも輸出される!確かにきれいなパンツみたいだったけど。

見学した仲間たちも驚いて「下着はさすがに燃えるゴミとしてだしてしまうわー」と言い合っていた。

輸出先は体型の似ているアジアが多く、日本の衣料は高級というイメージから人気があるそうで、現地で売られる写真を見せてもらった。

ワイシャツなどはクリーニング店で見るようにきちんとハンガーにかけられて売られていた。
遠くはマダガスカルあたりまで輸出されるという。冬物であっても、山岳地帯に住む人には買ってもらえるそうだ。

今回一番印象に残ったのは、とにかく『回収』できさえすれば有効利用できると会社の人が強調していたことだった。私も何気なくゴミとして出していたのを、もう一度見直してみようと思った。

リユース(再利用)、リサイクル(再生利用)、リデュース(発生、購入抑制)が循環型社会には必要と言われるが、女性にとっては「購入抑制」なんかなかなか難しいかも・・・。



最後に私たちの自治体の回収率を訊いたら、ちょっと・・・と回答がなかった。自治体によって分別の仕方や回収方法違うし、人口ももちろん違うし、まちまちなのが実情だ。

ちなみに、どういう統計方法か分からないが、東京圏では一番回収率がよいのは八王子市ということだった。
by piropiromi65 | 2015-10-07 23:33