晴天曇天雨天も可

piropiromi.exblog.jp
ブログトップ

月いち くらい

a0265514_22152294.jpg


月1回位は更新を、とあせって最後の日になった。



先日、東京国立博物館へ行った。(この絵は以前のものです)

いま話題の特別展『京都 洛中洛外図と障壁画の美』を鑑賞した。

一度は見てみたかったので、見られてよかった。平日で雨だったからすいていると思ったが、そう思う人が多かったらしく結構込んでいた。

洛中洛外図屏風も一つだけかと思ったら「舟木本」「池田本」「歴博本」・・・といくつもあってそれぞれに庶民の暮らし中心、行事中心、公卿の屋敷中心など特長を持っていた。

一双六曲の屏風の中になんと八百人ほども細かく描きこまれて、それがまた表情豊かで、酔っ払っていたりふざけて鼻で笛を吹いていたり、綱引きに興じる子ども、物売り、川で馬を洗う人、はては路傍で倒れている人まで描かれて、見ていて飽きなかった。



もう一つ、こちらは若い3人の絵本作家イラストレーターたちの展覧会だった。

『せっかくだから人展』を見てきた。

かなざわまことさん

北村人さん

米津祐介さん

まだ若い新進気鋭の作家たち。きっとこれからも伸び続けるにちがいない。

去年見に行って楽しかったので、今年も行き、孫息子に絵本を、自分にカレンダーや手帳を買った。


今月は孫娘が那覇から遊びに来て(学校が秋休みですって!) 連れ合いの高校のクラス会があって(呼んでいただいた)、孫息子の1歳の誕生日があり、中学時代の友人と会い、合間にはボランティアがあってっ結構忙しく過ごした。

来月は函館にプチ旅行を計画しているので楽しみにしている。
[PR]
# by piropiromi65 | 2013-10-31 18:48 | Comments(13)

水をさすようですが

2020年のオリンピック開催都市が東京に決まった。

アスリートや関係者はそれはうれしいだろうが、テレビも新聞もはしゃぎ過ぎ。

原発問題の方はどうするの。


外国の人たちが懸念するのは当然で、福島原発の深刻な汚染水漏れ、どうなるのだろう。

「例によって」東電は隠ぺいが発覚し、地下水から海に流れ出た正確な量はわからないらしい。

東京湾でもホットスポット的に汚染域があるという。


事故当時 あれほど水や食物の安全について心配した私たち。

解決する見通しがなかなかたたない汚染水。

自分の家にいまだ帰れない避難の方たち。

使用済み核燃料の最終処分場問題。

そして改めて考える、地震の国であること。

なのに、選挙が終わってみれば原発維持推進派の人たちが当選した。

オリンピックと原発問題とは直接関係ないかもしれないが、一番大事な安全安心の優先順位がどんどん下がっていくようで、心の雲が晴れない。



ところで、この夏ほとんど毎日実家の整理に通っていてやっと、取り壊しのめどが立ってきた。

汗びっしょりで働いた私に、兄からプチご褒美があった。

1964年東京オリンピック大会の記念メダルだ。どこからか出てきたようだ。

「決定で沸き立っているから、売るなら今でしょ」と兄は笑うがちょっと複雑な気持ちだ。


ところでもう一つ、納戸の古いたんすの引き出しに敷いてあった新聞紙。

読んでみたらこんなことが・・・



a0265514_2238396.jpg



日付けをみたら、昭和33年の10月10日読売新聞だった。

よく読めないでしょうが、ベストナインに、捕手野村克也、一塁手川上哲治、遊撃手吉田義男、とあるのも懐かしい。
[PR]
# by piropiromi65 | 2013-09-11 23:36 | Comments(8)

友人

 何十年も会うことのなかった高校時代の友人と会って、旧交を温めている。


 
 この友人、高校時代から大変個性的で独特の雰囲気を持った人だった。

 国語、特に古文が得意で、1年生のときからすでに先生にも一目置かれる存在だった。

 卒業してからは1、2度会ったきりで、特に親しいというわけではなかったが、あるきっかけで今春再会してからは時々おしゃべりするようになった。

 話しながらも、昔と変わらない人だなあと思う。


 変わらないと言うのは・・・



 もともと学究肌の人で、今は大学で日本の古典文学を教えているが、そういう研究、教育以外はあまり今日的なことや流行に関心を示さないのだ。


 たとえば、携帯電話を持たない、パソコンを持たない。


 まあ、こういう人はほかにもいることはいる。


 でも、テレビを持たない。


 さらにラジオも持たないのだ。




 「え、じゃあ家でなにやってるの?」

 「勉強しているの」




 さすがにこれを聞いたときは「あなた、ラジオくらいは持ったほうがいいわよ。災害があったとき困るわよ」と言ってしまった。


 彼女も笑いながら「そうするわ」と言ったが、果たして買ったかしら。

 あいかわらず、ニュースは新聞で十分と思っているかもしれない。



 結婚して成人した子供もいるし、米国暮らしの経験もあるから仙女ではないが、いまどきこういうスタイルを貫いている人もほんとに珍しい。

 
 私も新しいものに飛びつかない方だが、スマホなど使いこなせないのが分かっているので飛びつけないだけです。 情けない。 とほほ。



 しかし彼女は筋金入り。かえってさわやかさを感じてしまう。


 今月、また会う用事があり、どんなおしゃべりができるか楽しみだ。
[PR]
# by piropiromi65 | 2013-08-08 20:54 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(9)

観ました『風立ちぬ』

  先日、ジブリの『風立ちぬ』を観てきた。

  娘に「10歳の子どもにどうお?」と聞かれたので、「子どもには無理」と答えた。

  そう、大人向きの映画である。



  堀辰夫の小説『風立ちぬ』は読んでないが、柳田邦男の書いた『零式戦闘機』は以前読んだことがあったので、どうやって両者を結び付けるのかと興味があった。

  それは無理がなくていちおう成功していると思う。

 
  映像は美しく緻密で、関東大震災の場面もひしめく人々のすみずみまできちんと描かれて、相変わらず素晴らしかった。


 

 私がこの映画を見て感じたのは平和への強いメッセージだった。




  空を飛びたい、素晴らしい飛行機を作りたい、という人々の素朴な夢や努力が、やがてそれとは違う目的を持たされるようになり、爆弾を積んで飛ぶことになる。


 しかも皮肉なことに、戦争は飛行機の発展におおいに寄与することになるのだ。

 主人公の技術者は当時としては最新鋭の「零式戦闘機」を完成させるが・・・。






 戦後、日本はYS11という国産飛行機を生産したのを最後に飛行機を作らなくなる。

 しかし、飛行機を作る努力をした人々の心、技術は戦後に受け継がれて技術立国としての今の日本に貢献しているのだと思う。

 その部分も少しあった方がよかったかな。


  こうして書いてみると、ラブロマンスの部分は舞台回しのようなもので、美しかったけれど、特に感想はない。
 
 やはり飛行機の設計に苦労する部分が面白かった。



 
  ところで、映画に出てくる飛行機のプロペラの回転音、スイッチの音、汽車の轟音など効果音はすべて人が作っていたと知ってびっくりした。実際の機械音は一切使っていないのですって。そう言われなければ全く分からないのだからすごい!



 


 

 最後に、ダメなところ。


 相変わらず、声優がダメ。

 主人公の青年の声がそぐわない。

 そして性懲りもなく、有名俳優を使っている。


 採点は 5点満点のところ ☆4つ。

 もう一度観たいですか?と聞かれれば・・・観たいですね。
 

 
 

 

 

 

 
[PR]
# by piropiromi65 | 2013-07-29 23:07 | 日記・コラム・つぶやき | Comments(12)

おたより

a0265514_2218123.jpg




      暑中お見舞い申し上げます。


 お変わりなくお過ごしでしょうか。

  近所の保育園では毎日のように園児たちが歓声をあげてプールで遊んでいます。

 夏休みも始まって、子供たちには待ちかねた夏休みです。


  この夏は、甥の結婚式に始まり、実家の整理をしながらも、学生時代の友人たちと会い、

 六本木の「日本のグラフィックデザイン展」に行きました。

 そうそう、ブログフレンドのイワナさんの所属する「真空劇団」公演にも行きました。

 イワナさんの脚本で、俳優として出演も。

 満席でキャンセル待ちをしましたが空席は出ませんでした。人気なんですね。

 でも主宰者が私を気の毒がって、折りたたみ椅子を用意してくれました。

 
 

  参院選が終わって(私の場合、投票の優先順位は原発問題だったので、結果には不満足)、

 これからは引き続き実家整理と、孫たちの来訪(これが一番うれしい)、「風立ちぬ」を観ること、

 「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に行くこと、お神楽見物などが予定として有ります。

 その合間に傾聴活動もあるので、咋年と違って今年は少しは有意義な夏が送れるかもしれません。

 

  絵葉書は型染めしました。

 今年は久しぶりに友人たちに暑中見舞いを出そうかと思います。

 落款はブログフレンドの房州やさんが作ってくださったものです。 いいでしょ。


  では皆さま、熱中症に気をつけてお過ごしください。


                           7月 23日  夕立のあと


                                              ひろみママ

  

 

 
[PR]
# by piropiromi65 | 2013-07-23 23:05 | Comments(4)